AIR-17 テストライド②

今日はAIR

17のテストライド第二弾としまして、詳しく解説してみましょう!

続き→

まずは今回テストライドに協力し

てくれたのは、ストイックメンバ

ーのTさん。

 

身長168センチ 体重60キロ

 

ボードサイズは

5’8×18×21/16 完全なハ

パフォーマンス使用で作り上げ

ました。

 

 

AIR17は本来のコンセプトはバッ

ドコンディションやコシ前後の波

でもガンガン乗れるというコンセ

プトとなります

 

 

そして今回はそのAIR-17をさら

にINSIST独自で改良したチューニ

ングを施し、彼の持ち味となるス

ピーディなターンを最大限に活か

すことを考慮して作りあげました。

 

 

実際、厚さが2 1/16はかなり薄

いのですがエアーデッドポイント

を考えると丁度良い仕上がりです

 

 

AIR-17は、オンショア風波やパワー

が無いような厚い波でもよりスピー

ドを殺さずにアクションをかけなが

ら波に乗れるように作られたモデル

となっています。

 

 

それではTさんの協力のもと、腰前

後のパワーの無い波でテストライド

して頂きましたので、その模様をお

伝えいたします。

 

 

 

 

 

本日の波のコンディションはモモ~

コシ。

 

トップからダラダラ崩れるような風

波。

 

20点くらいかな。。。

 

普通なら浮力がある小波ボードを使

用するような状況です・・・

 

 

このようなコンディション状況は日

常よくあるかと思います。

 

この波で、どのような動きをするの

でしょうか??

 

 

気になるところですね・・・

 

 

 

体操もせずに、走っての入水です

(笑)

 

早速、この波で乗ってもらいまし

た!!

 

 

ここからはTさんのコメントとなり

す。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

気になるテイクオフは、こんなに

が薄いのにメチャクチャ速いの

にビックリです。

 

滑り出しの加速が前の板よりもぜ

ぜん速いです!!

 

おいっきり漕がなくても板がスッ

ーと走ってくれるのでテイクはラ

です。。。

 

そして次に

波のトップが厚くなってから戻る

応は、これまたスゴイ!!

 

軸足に体重が乗った瞬間、即座に

転してくれます。

 

LOWDOUNよりも断然速くなっ

た感じですね。

 

 

板が薄いのにも関わらず、なぜか

力があるように感じるのはどう

いうことなのかわかりませんが・・・

 

パワーが無い波のポジションでも

速しないんです。

 

不思議な感覚ですね。。。

 

次にバックサイドの感想ですが、

ボトムに降りてからリップが崩れ

きてしまい、普段なら間に合わ

ないタイミングでも、おもいっき

りジャンプするとなぜか間に合っ

てしまうんです・・・

 

それだけ波のトップに上がる反応

素晴らしいということですかね

ぇ。

 

なんか上手く伝えられなくてすみ

せん。

 

波のリップにノーズを突き刺して

板がまったくブレません・・・

 

普通なら板が離れてしまう態勢で

上半身のひねる動きにしっかり

とボードがついてきてくれます。

 

 

これはてんちょうがいじってくれ

テールのフィーリングが最高に

マッチしているからなのかな・?

 

 

とにかく、バックサイドでの板を

に上げるのがすごいラクに感じ

るほ素晴らしい反応をしてくれ

ます!

 

 

 

 

フロントサイドでもまったく同じ

応です!!

 

リップが崩れ掛けていようが、お

まいなしに打点を上げることが

容易になっています。

 

 

 

とにかくこのAIR-17は本当にすご

ボードです。

 

バッドコンディションでもハイパ

ォーマンスできるというコンセ

プトを体で実感することができま

した。

 

 

ストイックシステムでは、浮力が

る小波ボードを禁止されている

のですが、このAIR-17があれば十

分小波でも楽しみながら練習でき

ます!!

 

 

 

みなさんも是非、このスピードと

応の速いAIR-17を堪能してくだ

さい

 

 

Tさん、テストライドの協力あり

とうございました。この板に乗

ってからは、ますますキレのある

動きへと変わってきましたね。

 

 

 

 

AIR-17の数値は企画モノや平行

デルでは、まったく本来の動き

が伴わないことがあります。

 

エアーデットポイントの厚さなど

きちんと考えた上での数値を割

り出す必要があります。

 

※こちらは企業秘密のため、お問

合わせを頂いてもお応えできま

せんのでご了承ください。

 

 

 

そうしなければ 

単なる浮力があるだけのボードに

ってしまう恐れがあります。

 

レール形状やテールエンドの厚さ

きちんと調整することで、本

来の動きが日本の小波でも発揮さ

れていきます。

 

 

 

※くれぐれも類似品にはお気を付

ください。

 

 


エアー17最新情報