波のトップのエグリ方

バックサイドではエグレルのにフロントサイドではいまいち・・・

そんな方は必見です!

 

昨日に引き続きまして、スラッシ

バックのお話しです。

 

 

昨日のブログでは仕掛ける前提は

トムから始まることをお伝え致しま

したが、今日は波のトップに上がっ

てからの軸足の使い方について解説

してみたいとおもいます 

 

 

 

横へ走っていて、波のフェイスが丸

くなった時!!!

 

 

 

 

 

 

 

波のトップに上がったなら、後足

使って力いっぱいテールを蹴り込む

ことでスプレーを上げることができ

ます。

 

 

 

 

 

この動作を「エグル」と言い、サ

フィンには欠かせないものとなりま

す。

 

 

 

 

 

この後足を使ったエグリ方を今日

解説したいとおもいます。

 

 

 

まずは下の写真をご覧下さい。

波のトップで後足加重を維持するこ

とが非常に難易度が高いポイントで

す。

 

 

 

上の赤線は身体の軸が真っすぐにな

っていますが、上手くいかない方は

上半身が前に倒れ、九の時になって

しまうことが後足に加重がかからな

い原因となります。

 

 

 

上半身を前鏡にしてしまうと必然的

に前足にも加重がかかってしまうの

で回転しずらくなってしまいます。

 

 

 

そならないためにも!!!

 

 

波のトップで身体の軸を真っすぐに

する方法は!!!

 

 

後足のヒザを曲げて身体を後ろ側へ

倒すような体勢を取ることです。

 

 

 

身体の軸を後ろ側へ倒すようにする

ことで、実は軸が真っすぐの状態を

作れるということなんですね・・・

 

 

 

ここでの具体的なやり方については

サーフィンスタジオ教室でレクチャ

ーさせていただいていますので、練

習しに来てください。

 

 

■サーフィン上達教室

 

 

 

 

身体の軸を後ろ側へ倒せば倒す程に

、後ろ足加重が強化されるために上

半身のひねりも必然的に早くなって

いくものです。

 

 

 

 

そしてボードが回転しきったところ

で、両足で板をハサミ込むように押

さえ込むことで、より、加重がかか

次へのスピードをあげていけるよう

に変わります。

 

 

 

 

上の写真は

ヒザを内側に倒しこむようにテー

蹴ってスプレーを上げていますね


 

 

このヒザの倒し方をイメージして

い。

 

ヒザとボードがくっつくくらいの

で板をハサミ込みます。

 

 

 

 

ここで一番大事なポイントはデッキ

ッドと足の裏が離れないように心

がけてください。

 

 

 

軸足の親指側面だけでテールを押

るだけでは加重がかからなくなっ

てしまいます。

 

 

しっかりと軸足の親指に力を入れ

首を使ってヒザを倒しこむのが、

力強いスプレーを上げていけます。

 

 

 

上の連写では軸足のヒザとボード

つきそうなくらいヒザを倒しこんで

います。

 

 

この形を常に意識しながらトライ

ていくことが成功につながっていき

ます。

 

 

 

 

スーパーストイックシステムのプ

グラムでは、テイクオフをしてから

直ぐに軸足の親指に力を入れて立ち

上がるという流れになっています。

 

 

 

 

つまり、この初歩の段階で軸足の

指に力を入れながら波に乗ることで

、ヒザの倒し方なども同時に学んで

いることにつながっていきます。

 

 

 

 

 

つまり、軸足の親指に力を常に入

なくてはサーフィンレベルがあがら

ないということです。

 

 

 

 

無意識に親指に力が入るトレーニ

グはスケボーで意識付ける練習が必

要です。

 

 

 

 

靴の裏のグリップに頼らずに親指に

力を入れながら乗る練習をしてくだ

さいね。

 

 

 

波のトップに上がったなら、上半

のリードを先に行うために右手のリ

ード、左肩の開き。

 

 

そして軸足のエグリの順番です!

 

 

 

この順番を体で覚えさせて練習し

ください。

 

 

 

波のトップに上がってからの連動

習得してくださいね。

 

 

 

 

 

■スーパーストイックシステム募集