反転スピードを上げる方法

連日お伝えしています

身体を反転させる方法は??

今日もその内容!!

結局のところですよ!!

 

カットバックでも、スラッシュバッ

でも、波のトップで前足意識で板

を返してしまう原因はどこにあるの

か??

 

 

 

こう考えてみると、波のボトムから

仕掛けていないことが8割くらいの

原因を作っています。。。

 

 

 

じゃ、簡単!!

 

ボトムターンをしっかりとやればい

いじゃないですか!!

 

 

 

そう、思われる方も多いはずですが

・・・

 

 

いざ、ボトムターンをやろうとして

もすぐにできますか??ってこと!

 

 

ボトムターンとは、基礎がしっかり

とできていないことには、そう簡単

にはできない難易度があるんです。

 

 

 

こう、考えられるのであれば!!!

 

 

 

まずは、アップスンのライン取りを

考えてレールワークのやりかたを改

善しなければいけないという結論と

なります。

 

 

もちろん、この考えはワタシの持論

ですが・・・

 

 

 

やりたいこと(今回はスラッシュ)

一個前を改善する。これがスーパー

ストイックシステムのプログラムに

なっています。

 

 

 

 

 

 

まずはボトムを使ったアップスンを

練習することが一番の近道というこ

と!!!

 

 

 

 

今日もそんな内容のお勉強となりま

す。 

グーフィバージョンでお送りします!

 

ます、上の連写をじっくりと見てくだ

さい。

 

 

 

みなさんはどこに意識を持ちながら連

写を見ていますか??

 

 

波のトップでの右肩の開き??

 

 

 

 

では、いきましょう!!!

まず、ボトムから軸足を使ってト

プへ上がっていきますが!!!

 

 

そもそも、このターンを仕掛けてい

一個手前の話し・・・

 

 

いつ、ボトムに降りたのかってこと

!!

 

 

 

良い波の場合、ここでボトムに降り

るんだな!!

 

 

 

分かりやすい状況となりますが、い

つもそんな良い波ばかりではありま

せんよね・・・

 

 

 

じゃ、悪い波ではボトムに降りられ

ない為に、技を仕掛けられないのか

??

 

 

そんなことはありませんよね。。。

 

 

 

ここで、サーフィン上達教室では、

ボトムに無意識に降りるアップスン

の練習をしていきます。

 

 

この動きを覚えることで!!!

 

 

 

 

波のフェイスを走ってしても自然と

ボトムに降りるクセがつき、ターン

を仕掛けやすくなるいということで

す。

そして、波のトップへ上がる為の軸

足ジャンプ!!!

 

 

 

後足と効き手を連動させながら体を

ジャンプするように伸びあがってい

きます。

 

 

 

この動きも、前足の力で踏み切って

しまうと波のトップで前足に加重が

かかってしまうということ!!

前足に加重がかかってしまうと上の

写真のような体勢を取れないという

ことに繋がってくるんです・・・

 

 

■後足加重で回転すること!!

 

 

 

で、ここをどう練習すればよいのか

???

 

 

昨日のブログで話した肩を開く基本

動作ができないことには始まらない

ということになります。

 

 

■左肩を開く練習

 

 

 

 

そして最後に、板を反転させても後

足加重がしっかりと効いていること

で次への進行方向へ板をすぐに反転

できるようになるということ!!!

 

 

 

 

つまり、後ろ足意識のまま、前足に

加重を乗せられる「ハサミ込み」の

ボードの押さえ方を覚えなければN

Gとなります・・・

 

 

 

サーフィンの動作は上の写真のポイン

トをしっかりと作り上げることで、一

気に上達していきます。

 

 

 

ここを作り上げる練習はどうすれば良

いのか??

 

 

ここを考えてみるとヒントになるかと

思いますので、ぜひ、スケボーなどで

練習してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

サーフィンは軸足と上半身のリー

すべて行います。

 

 

 

スーパーストイックシステムやサ

フレボリューションでは、まずはこ

こから練習して作り上げていきます

。 

 

 

 

そして、さらに波のライン取りを変

えていけるレールワークの練習をす

ることで、今日の内容のような

自然と仕掛けられるようになるプロ

グラムで構成しています。 

 

 

 

ここをやり込むと、思いがけないよ

うな成果を得られるという実感をし

ていただきたく思います。

 

 

 

 

基礎を作り上げたい方は練習しに来

てくださいね!!