レールの基本的な入れ方

レールの入れ方を勉強しましょう!!

 

 

スピードを出す為には、しっかりと

レールを入れる動作を覚えなければ

いけません・・・

 

 

 

今日は正しいレールの入れ方を勉強

していきましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も非常にマニアックなブログ

を書いてみようかと思います。。。

 

 

上の写真はチューブを狙うための

スタンスとなります。

 

肩の力が抜けてリラックスした状

態でボードの上に立っていますね。

 

 

 

これは

誰もが憧れるポージングで、見

るだけでもカッコイイですよね

 

 

実際、レールを入れながら この形

マネしてみると、リラックスどこ

ろかしゃがんでしまうことだと思

います・・・

 

 

なぜ、レールを入れながらリラッ

クスできないのか???

 

 

こう、考えられたあなたの感性

かなりのストイック性が強いで

ね。 

 

 

  

 

 

下の写真を見てみましょう↓↓↓

 

 

 

まずは後ろ足首から!!!

 

デッキパッドのキックに小指をか

るように足を置いています。

 

 

 

そして、

足首をねじり込むように倒し込ん

寝かせることで、板を押さえ込

んでいるんですね。。。

 

 

足首の柔らかさが必要となります。

 

 

今度は前足の指を見てみましょう!

 

 

 

 

 

足指全部でボードをつかむように押

さえているのが分かりますか??

 

 

 

 

 

指の関節が全部曲がっていますよね

 

 

 

そしてさらに股関節を絞めつけるこ

とにより、ヒザの形が八の字となっ

て、ボード全体を押さえ込んでいま

す。

 

 

 

 

つまり!!

この形がボードを押さえこむ「正し

立ち方」となります。

 

 

棒立ちに見えますが、実は下半身で

力強く板を押さえているんですね。

 

 

 

 

この形をしっかりと練習して、完成

させない限り、リラックスした状態

に見せたレールの入れ方は不可能と

ます。。。

 

 

 

 

 

 

 

さて。

 

 

今日の本題はここからですよ!!

 

 

 

 

 

ではまず、このリラックス体勢を

上げる為には、何からやるの

が一番効的なのか??

 

 

ここを考えてみましょう。

 

 

 

 

 

答えは・・・

 

 

 

足の裏の感覚を研ぎ澄ますことが

常に大事です!!

 

 

地面の根っこの部分ですから、こ

本当に重要中の重要。

 

 

 

足の裏の感覚を研ぎ澄ませること

スポーツ科学では、前後左右の

バランス力が2,54倍上がると

いうデーターとなっています

 

 

 

そのくらい重要なことなんです。

なんとなくでもわかりますよね

??

 

 

 

 

足の裏ですべてバランスをとって

ます。

 

 

 

では、この感覚を研ぎ澄ますトレ

ニングをご紹介してみます。

 

 

それは

足趾把持力(そくしはじりょく)

えることで大幅に板を押さえる

力が増していきます。

 

 

 

 

この足趾把持力とは簡単に言うと

足指の握力を鍛えることでバラ

ンス力を強化していくということ

です。

 

 

 

「タオルギャザリング」や常に足

指を広げる運動がもっとも効果

的となります。

 

 

 

 

このブログでは何回も足指のこと

書いていますが、指を曲げる力

を意識してください!! 

 

 

 

 

 

ここからJSライダーの

写真を使ってまた見ていきましょ

!!

 

 

 

 

JSガールズライダー、サリーのバ

クサイドです!!

 

しっかりとスープ側にノーズを向

て返しているからこそスプレー

が弧を描くんですね。。。

 

 

 

今日はその技術講義ではなく、ボー

ドの押さえ方ですよね・・・

 

 

 

下の写真を見てみましょうーー

 

両足をじっくりと見てください!!

先ほどのチューブ写真の足の形とま

ったく同じですね。

 

 

後足首をねじり込んで倒し、前足指

の関節はボードをつかむように全部

曲げて力を入れています!!

 

 

 

 

次に今年怪我から復活していきなり

優勝したオーウェン・ライトの垂直

リップです・・・

 

 

 

ハイ!!

どうですか??

 

両足首と指を見てください!!

 

 

前足指が開いていますよ。

 

指が広げられない場合、この押さ

はできないということになり

ますね。

 

 

 

 

エースこと

 

エイドリアン・ッカンのフロン

トサイドです!

前足はかかとで板を押さえている

で指はボードから浮いていますが、

足首を上に反るように曲げながらか

とでしっかりと押さえています。

 

 

 

 

足首の柔らかさはこのように使っ

いくんですね。

 

 

 

そして後ろ足はデッキにピッタリ

り付くように押さえています。

 

 

 

 

 

この指先と足首を使ったボードの押

さえ方をストイックシステム用語で

は、「粘点」と呼んでいます。

 

 

 

 

ボードと足の裏が粘着テープのよ

「くっつくように押さえる」

ことが大事!!

 

 

 

 

この「粘点」を作る為にはまずは

の指で板を押さえる練習からや

るのが望ましいということですね

!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして!!

 

 

その形ができ上がってこそ!!

 

 

 

 

ヒザを深く曲げながら、上半身を

前に倒し込んでも。粘点が効いて

いるために、レールを深く入れら

れるということになります!!

 

 

 

 

そして、粘点が効いているからこそ

波のトップへ軸足ジャンプができる

ということです・・・

 

 

 

 

 

従って、ボードを押さえ込む基礎が

すべてスピードを変えていける。

 

 

 

という感じで終わりにします。。。

 

 

 

■スーパーストイックシステム募集

 

 

■サーフィンスタジオ教室受講生募集

 

 

 

 

 


JS オーダーフェア開催

今日ご紹介したレールの入れ方をし

っかりと行う場合、自分の体重とレ

ベルに合わせたレールの厚さをチョ

イスするのがベスト!!

 

 

このあたりをご相談しながら自分に

見合うボードを手に入れて練習して

ください。

 

 

2020年

JSオーダーフェア開催

期間限定:1月26日から受付開始

 

 

PU:¥108000+TAX

HF:¥139000+TAX

 

MADE IN AUS

 

 

全モデルフルカスタム対応

 

納期4ケ月前後

 

 

このチャンスをお見逃しなく!!

 

 

 ■JSオーダーフェア開催