HYFI の凄さとは…

今日はハイファイの作業工程や、その魅力について書いてみましょう。

 

 

 

こんなご質問をいただきました。

 

 

 

ハイファイは通常のボードよりも

値段が高いのはどうしてなんでし

ょうか??

 

 

今日はこのあたりも含めてご紹介

してみましょう!!

まず!!

 

ハイファイとは??

 

ここからご紹介です。

 

 

 

これはブログで何度もご紹介して

いますが。

 

「ハイブリッド・レイン

フォースメント」の略語となりま

す。

 

「新種の補強」

 

簡単に言えば、今までにない概念

で作られた近未来ボードとなりま

す。

上の写真のように、ダイアモンド

形状の特殊グラスを巻くことで、

本来仕上がりが固くなるEPS素

材でも限りなくPUの感覚で乗れ

る手法を開発。

 

 

EPSの軽さ、丈夫、そして速い!

 

■軽いボードのメリッとは??

 

 

この3つを現実にさせたボードが

「ハイファイ」となります。

 

 

ここまではいいですね??

 

 

 

そして、次に!!

 

 

そのダイアモンド素材の上に、特

殊繊維クロスを巻いて補強してい

きます。

このあたりの材料はお話しできませ

んが、これはさらに特殊となった最

新のものなんです・・・

 

 

 

そして、パテを均等に塗り込んで固

めていきます。

 

 

パテは、

クリアレジンと違って、粘りも少な

く、塗る作業も本当に大変なんです

ね。。。

 

硬化剤の比率が少しでも違うと、ま

ったく固まらないので、ワタシなん

かは何度も失敗しました(笑)

 

 

これは、かなりの技術者ではないと

簡単にはできないんです。

ハイファイは通常のPUボードに比

べると作業時間が倍近くかかります

 

 

材料、施術ともに全く異なるので通

常ボードとの値段も変わってくると

いう訳であります・・・

 

 

 

ざっとではありますが、PUとの違

いが伝わってくれれば嬉しく思いま

す。

 

 

 

 

 

そして、次に!!

 

 

このハイファイとPUの乗った感じ

の違いはどうなのか?

 

 

 

ここが気になるところですね・・・

 

 

 

 

パーコのテスト模様から、その様子

をリポートしてみましょう!!

 

 

固いボードではボードのしなりが弱

い為に、トップへ上がるスピードが

落ちてしまうんですが・・・

 

 

 

上の写真のシチュエーションの時。

 

 

 

トップへ上がるスピードですべてボ

ードの性質が物語ります。

 

「このハイファイは、波のトップへ

上がるスピードが速すぎる」

 

パーコもそう言っていますが、写真

を見ると、メチャクチャ加速してい

ますね!!

 

 

この動きから一番言えることは、板

がしなるから加速するということで

す。

 

 

 

ちょっと!!

 

1回、話しがそれてもいいですか??

 

 

 

上の写真の状態は波のトップでの体

勢となりますね??

 

もう一度写真をじっくりと見てくだ

さい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして次↓↓

前回のブログ「足首を折る」でご紹

介した動きがこれです↑↑

 

ボードを下に向ける動き!!

 

 

前足のヒザを見てください。

 

くっついていますね??

 

そして次↓↓

 

ノーズの向きはどうなっていますか

??

 

 

 

つまり!!

この練習をしろ!!!

ということですね・・・

 

 

 これはスケボーのチクタクのよう

な動きを進化させている乗り方と

なりますが・・・

 

 

ここの難易度は非常に難しいため

に、そうとう練習しないことには

できませんよ!!

 

 

 

 

 

 

話しがそれてしまい、申し訳ない

です(笑)

 

 

 

 

では、ハイファイの話しに戻りま

しょう。

 

 

ハイファイは、しなりもあるのでボト

ムからのスピードが速く、そして、何

より異常に軽いので波のトップで板を

素早く返せることも容易です。

 

 

 

浮力もあるので、パドルやテイクオフ

などでも心強いモデルとなります。

 

 

 

 

パーコの板は27ℓですが、PU

よりも沈んでいないのが分かりま

す?

 

とは言え、結構沈んでいますが(笑)

 

 

 

ハイファイは

PUと同じリッター数でも微妙に浮

力感は違ってきますので、このあた

りを気にする方はこのJSオーダー

フェア期間中にご相談くださればと

思います。

 

 

 

 

 

 

ということで。

 

 

今日はハイファイの作業工程や乗り

味をざっくりですがご紹介させてい

ただきました。

 

 

 

 

残り枠10本をきりましたので、検

討中の方もお早めにご相談ください

ね。

 

 

 

 

 

 

やっぱり・・・P二だよねぇ・・・

 

 

 


HYFI関連ブログ