スケボー練習会

三連休となりますが夏日となって気持ちがいいですね!!

良い波乗ってくださいーーー。

 

今日のブログは長編なので時間がある時にゆっくり読んでください・・・


 

 

 

今日は左右のレールの切り返しを

徹底的に練習します。

 

つまり!!

 

レールワークを突き詰めた上級向

けの動きとなりますのでしっかり

と作り上げていきましょう。

 

 

 

 

みなさん、アップスンをしていて

急な波の変化に対応できずに転ん

でしまうことがあると思いますが

・・・

 

その最大の原因とはなんでしょう

か?

 

 

わかりやすく例えるならば、スノ

ボーをイメージしてください。

 

 

よく、逆エッジという言葉を聞い

たことがあるかと思います・・・

 

これは反対側のエッジが斜面にひ

っかかり転んでしまうことを言っ

ていますよね??

 

 

 

サーフィンでもまったく同じこと

が言えるんです。

 

 

波のトップからボトム側に板を向

けた時、逆エッジと同じ現象が起

こります。

 

 

 

この対処法をマスターすることで

アップスンの技術が上がり、スピ

ードが付けられるように変わって

いきます。

 

 

また、カットバックやリッピング

でも同じ体重移動なのでメイク率

もあがっていくんですね・・・

 

大丈夫ですね??

 

 

 

:てんちょう!!

:質問!!!

 

 

:アップスンは波の斜面にレール

を入れて横へ走っていくものです

よね??

 

 

:逆エッジというイメージが付か

ないんですが、、、

 

 

そうきますか・・・

いいですか、よく聞いてください

ね!!

 

 

レールを入れたまま加速をかける

のは中級者まで。

 

 

上級になると波のリップとボトム

の力を最大限に使いながら加速を

かけていくものです。

 

 

これが波の上下を使ったアップス

ン。

 

ボトムtoトップです。

 

 

では、逆に質問です!!

 

フェイスにレールを食い込ませて

ブランコを漕ぐように波のトップ

へ上がりますよね??

 

 

その後の動作はどのようにします

か??

 

 

 

:ん~、ボードを下に向ける感じ

ですかね・・・

 

 

そうです!!

ボードを下に向けないと波の裏側

へ行ってしまいますよね。

 

 

その、下に向ける動作を大きくす

る技術がとても大事になっていき

ます。

 

 

波のブレイクに合わせながらボト

ムに降りる為に、板を大きく振る

よう下に向けて行きます。

 

 

簡単そうに思いますが、難易度

は非常に高い技術となります。

 

 

ここを練習することで、すべて変

わっていくんですね・・・

 

 

では、イメージが付くように下の

写真を見てみましょう。

これは波のトップからボードを下

に向ける瞬間の動作・・・

 

右から左へとレールを切り返して

ボトムに降りていきます。

 

 

これが上手くいかないと、先ほど

話した逆エッジで引っかかってし

まうんですね!!

 

 

 

いいですか??

イメージできましたか??

 

 

 

それでは

今日はここを仕上げる気持ちで練

習していきましょう。

まずは陸トレから!!

 

この斜面を使ってやってみましょ

う。

 

上に向いたボードを下に向けるに

はどうすれば良いでしょうか??

 

 

:そうですね・・・ 

:後足でボードを押さえながらボ

トム側に身体を倒さないと板を振

れませんね・・・

 

 

そうですね!!

 

と、いうことは??

 

:前足で板を落とし込む感じでは

ないです・・・

 

 

つまり??

 

 

:軸足意識の上半身のリードです

ね!

 

 

ハイ!正解!!

 

身体の軸を倒すことで軸足意識に

変わり右手の誘導から板をボトム

に向けていきます。

このようにボードをコントロール

していく正しいフォームが大切と

なります。

 

 

:たしかに、前足は身体のひねり

にくっついてくる感じなので、力

は使っていませんね・・・

 

 

その動きを持ってレールを切り返

していきます!!

 

そうすることで、逆エッジでも引

っかからないということです。

 

 

この意味を理解したならば!!

 

逆エッジで転んでしまう原因とは

??

 

 

 

:ハイ!!

:前足でボードの向きを変える意

識が強いから刺さってしまうんで

すね!!

 

 

 

そのとうりです。。。

 

 

 

 

では、陸でコツをつかんだら、スケ

ボーでやってみましょう。

:てんちょう!!

:こんな感じですか??

 

 

んーーー。

 

それでは70点です。

 

 

細かく言うと、へその向きが甘い

ですね・・・

 

 

腰の回転をさらに使うと後足にも

加重がかかるので、へその向きを

意識してやってください。

:こんな感じですか??

 

 

素晴らしいですね!!

へその向きが正面を向いているの

でばっちりです!!

 

その感覚を身体に染み込ませてく

ださい!

この練習を繰り返すと軸足意識

の上半身のリードで波に乗るイ

メージがつきますよね??

 

 

:たしかに・・・

:後足で板を常に押さえている

感覚なので、上半身を使ってい

かないとボードの向きを変えれ

ませんね。。。

 

 

 

:てんちょう!!

:さらに質問です!!

 

 

:身体を倒す角度はどれくらい

が目安となりますか??

 

 

 

そうきましたか・・・

ちょっと待ってくださいね。

P=2ℓ+2w

 

ハイ!!

ととのいました!!

 

 

 

波のパワーがなく、スピードが付

かない時には45度を目安に身体

を倒すと一番速い動きとなります。

 

 

 

この間ブログで書きましたがター

ンの時もこのくらいの意識でやる

ように!!

 

■45度の角度で仕掛ける

 

 正確な角度よりも、体の軸をまっ

すぐにしながら倒すことを心がけ

て練習してください。

 

身体の軸が曲がるとコシが回転し

ませんので要注意ですよ!!

 

 

 

 

 

この体勢を作れるようになると次

へのステップへと変わります。

 

 

 

では次へいきます。

 

 

次は

オフザリップのイメージで板を返

してみてください!!

:こんな感じですか??

 

 

あれ??

先ほどやった身体の軸を倒し、

へそを向ける意識ができていま

せんね・・・

リッピングで転んでしまう原因は

リップが板を押してくれないから

着地が失敗します。

 

 

つまり他力本願!!

 

波のブレイクしだいでメイク率が

変わるということですね。

 

それでは上級者の道のりは遠くな

ります。

 

 

リップが板を押してくれなくても

自分の力で返す方法とはなんです

か??

 

 

 

:それは、いつも言われている軸

足でテールを押さえ込み、上半身

のひねりでボードを下に向けると

いうことです。

 

 

 

ではもう一度、写真を比べてみま

しょう!!

 

どうですか??

 

 

:写真をみるとよく分かります!

:右肩の開きがぜんぜんないので

板の回転が小さいです。

 

 

 

そうですね。

先ほどのレールの切り返しの動き

ではこの右肩を開く練習をしまし

たよね??

 

 

そこを踏まえてもう一度トライし

てみてください!!

:てんちょう!

:こんな感じですか??

 

おおーー

凄い!!

 

かなり右肩が開いているので、コ

シが回転していますね。

 

 

:この体勢を取るとメチャクチャ

軸足に体重が乗ります!!

 

 

 

そうですよね!!

 

 

 

先ほどの練習はこのようにつながっ

ていきます。

 

 

 

 

 


普段からこのような意識を持って

波に乗るようになると、スピード

が変わっていきます。

 

ボトムにも降りやすくなり、技数

も増えていきます。

 

 

そしてなによりもアクションのキ

レが今までとはまったく異なる次

元へと移り変わります。

 

 

 

今までのワタシの経験の中でこの

練習方法が一番上達への近道とな

ることを学びました。

 

 

 

 

文章ではなかなか上手く伝えられ

ませんが、少しでもピンときた方

は練習してみてください。

 

 

必ず効果が出るはずです・・・

 

 

 

 

40代になっても、サーフィン上

達の為に真剣に向き合いながら頑

張っている姿はとても輝いていま

す。

 

 

身体の動きがどんどん鈍くなる年

齢ですが、メンタルではまだまだ

いける気持ちでいっぱいですね。

 

 

これからもいくつになっても、こ

の気持ちを忘れずに頑張っていき

ましょう!!

 

 

 

それでは長文になりましたので、

終わりにしたいと思います。

 

 

 

本日も大変おつかれさまでした…

 

 

 

 


お勧めコンテンツ


サーフレボリューションでは、フ

ォーム矯正を行いながら体の軸を

真っすぐにしていく為に、器具を

使いながら負荷をかけて鍛えてい

きます。

 

 

通常の陸トレの3倍の効果を得ら

れますので、ぜひ、トレーニング

しに来てくださいね!!