中級者のボードの浮力は??

自分に見合ったボードの浮力はどれくらいなんであろうか??

続き→

サーフィンのライディングに影響

していくのがボード数値です。

 

プロは波質に合わせていろいろな

ボードをチョイスしていきますが

、一般の方はそこまでする必要は

ありません。

 

ただし、そのボードが本当に自分

の見合うボード数値なのでしょう

か??

 

 

 

今日はその判断基準を書いてみた

いとおもいます。

 

 

 

 

 

 

まず、自分の1番好きな波のサイ

ズと入るポイントの波質を思い浮

かべてみましょう。

 

一年で1番サーフィンする波の平

均でもかまいません。

 

 

そして、その波に乗った時に何を

1番重視しますか?

 

 

とにかく、テイクを楽にしたい!

横に行くスピードを上げたい!

技をたくさんかけたい!

 

 

いろいろあるとおもいますが、上

のようなことを全部できるのは不

能と言ってもいいでしょう。

 

 

テイクを楽にしたければ、浮力を

UPしなければいけません。

 

 

ロッカーも弱めのボードが適切に

なります。

 

 

それと反比例して、技を多くかけ

たいのであれば、余分な浮力は削

ぎ落として、ロッカーも上げるこ

とで反応が早いボードになってい

きます。

 

 

 

従って、自分が何を重視してサー

フィンしたいのか?

 

これをしっかり見極めることが、

上達への近道にもなっていきます。

 

 

 

最近のボードはみんな容積率を

提示してありますが、この容積

率だけに頼ってしまうのは危険

な部分もあります。

 

 

なぜなら浮力のみの判断でしか

ないので、幅や厚さなど気にし

なくなってしまうことが、ボー

ドの動きを無視していることに

もなってしまいます。

 

 

サーフボードはテールの幅1cm

違うだけで、まったく動きが変

わっていくものです。

 

 

サーフィンをストイックに練習て

極めたいのであれば、自分がやり

いことを絞り込んで、その動き

に見事に反応してくれるボードを

使用することをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

波待ちをした時のことを思い出

してください。

 

水面からどこまで上半身が出て

いますか?

 

 

大抵のかたは、おへそからムネ

くらいの間だとおもいます。

 

 

しかし、このおへそとムネでは

まったくボードの浮力が変わっ

ていきます。

 

 

例えば70キロの体重でおへそく

らい沈むと容積率は28~30ℓ

くらいになりますが、胸くらいま

で沈むと23~25ℓになります。

 

 

スピードを出してキレのある技を

掛けたいのであれば、波待ちの時

の水深はムネくらいまで沈むボー

ドをチョイスしてください。

 

 

オーバーフロートというのは、安

定しているために、ボードを動か

せないというイメージがあるとお

もいます。

 

 

しかし、1番大事なのは、安定し

すぎるボードに立つと、バランス

を強く取る意識が薄れてしまうた

めに、ヒザを曲げた乗り方をしな

くなってしまいます。

 

 

ロングボーダーをよく見るとわか

るように、棒立ちで乗っているよ

うに見えますね??

 

 

浮力と安定があるボードだと、自

然に棒立ちになってしまうという

人間の不思議な心理が働きます。

 

 

したがって。テイクオフを楽にし

たいことだけ考えてしまうのであ

れば、キレのある上級者のアップ

スンはできません。

 

 

そのような知識を持って、ボード

選択をしていただきたいとおもい

ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドルフィンも上の写真のようにボ

ードの真ん中を持って沈められる

ことが、波に返されない要素にも

なっていきます。

 

 

 

サーフボードは決して安い買い物

ではありません。

 

 

 

自分に見合っているボードに乗る

ためにも、細かいチューニングを

していくことが重要です。

 

そうすることで、必ず、良いボー

ドに出会うことができます。

 

 

 

容積率だけに頼らずにしっかりと

数値も考慮しながらボードをチョ

イスしてくださいね。

 

 

 

 

 

お勧めコンテンツ