今日の練習会

今日は小波をやるのか、サイズのある波をやるのか迷ったあげく・・・

 

 

小波に決定!!

小波苦手意識が強いと上達を

妨げてしまうものです。

 

 

なぜなら・・・

 

小波を上手く乗りこなせるには

サーフィンの基礎となるテイク

オフやレールワーク。

 

 

そして俊敏にひねる上半身の素

早さが求められます。

 

 

 

ある程度のサイズがあればスピ

ードが付く為に、技も仕掛けや

すくなりますが、小波だとすべ

て自分の技術でスピードを出す

ことを求められるので、あから

さまにレベルの差が出てしまい

ます。

 

 

小波専用ボードがあるから大丈

夫!!

 

 

その考えとは異なり、上達のた

めにはストイックになる!!!

 

 

 

 

ということで今日は小波特訓と

なります。。。

 

 

それでは今日の波状況からお伝

へしましょう。

 

 

今日の天候は晴れ!

風はゆるいオフショア・・・

 

波のサイズはモモ~コシ。

 

形の良い波を選んで横へ走って

1アクション可能・・・

 

面クリーンのために、サイズは

小さいものの、コンディション

的にはグッド!!

 

 

さっそく、練習開始となります。

 

 

小波攻略法

ブレイクが速い波は板を真横へ向

けながら、波のフェイスにレール

を噛ませながら起き上がります。

 

この技術は難易度が高く、前の手

の力で板を走らせ、起き上がるよ

うな感覚を身につけることが成功

の要因!!

 

 

 

まずはこのテイクオフの技術が求

められます。

そして板を滑らせながら後足意識

で起き上がり波のトップへ上がっ

て、すぐにボトムへ降りていくこ

とで加速をかけることができます

。。。

 

 

まずはこの素早く起き上がるテイ

クオフの技術を練習すること!!

 

 

次に。

小波攻略法

波のブレイクに合わせるように

、アップスをしていきますが・・・

 

 

崩れそうなリップの場所が一番

力があるために、そのリップの

崩れ方と同じタイミングでボー

ドを上下に動かしていきます。

 

 

ここが一般的なアップスと違い

スピードを出せる難易度が高い

レールワークの技術となります

 

この技術を練習すると、テイク

オフしてからの加速がまったく

違ってきます。

 

 

 

そうすると必然的に、厚くなっ

て戻るか、またはリップが崩れ

てきて当てるのか??

 

「二者択一」となります。

 

 

 

 

波が厚くなった場合は、すぐに

戻る選択。

 

迷いなく仕掛ける練習に取り組

めるんですね・・・

 

大きく回るカットバックとは違

い、ピポット的に戻ることでポ

ケットに戻りながら、さらに加

速をかけて乗り繋げる技となり

ます。

この技をメイクするには、波の

トップで後足で板を押さえなが

ら上半身を反転させていくこと

が理想。

つまりサーフィンの基礎定義と

なる

「軸足意識で上半身のリード」

に当てはまった動きとなります。

 

 

 

スーパーストイックシステムで

は、まずこの一連の流れにもと

づいて一個一個作りあげていき

ます。

 

 

 

この練習方法により、見違える

ような上達を手にすることがで

きます。

 

 

今日も暗くなるまでもう練習と

なりました・・・

 

 

 

かなり手ごたえを感じとれた内

容濃い時間でしたね!!

 

 

 

本日も大変お疲れ様でした・・・

 

 

 


スーパーストイックシステム募集


①知識を得て陸トレ

 

②スケボーでその形を練習

 


③実践でセッション

 

④客観的に自分のライディングを見ながら

修正をかける

 



来期スーパーストイックシステム

の募集がいよいよ始まります。

 

 

■募集期間 11月18日から!!

 

 

詳しい内容はブログで配信してい

きますのでお楽しみに。