リッピングとターンの違い

今日もかなりマニアックな内容となります!!

 

ついてきてくださいね(笑)

波の切れ目で仕掛ける技はオフザ

リップ!!

 

けれども・・・

 

 

リップが思うように崩れてこない

丸いフェイスの場合。

 

 

 

リッピングを仕掛けに行っても失

速する、又はレールが引っかかっ

て転んでしまう。

 

 

このどちらかで悩んでいる方はい

らっしゃいますか??

 

 

はい!!

 

いらっしゃいますよね??

 

 

 

今日はそんな方へ向けた限定内容

で書いてみます。

 

 

 

まずは、マチャドの連写をよくご覧

ください。

 

 

波のトップをエグルように板を返し

ていますね。

 

 

これが、カットバックなのか、スラ

ッシュバックなのかの定義がはっき

りとしていない為に、技の呼び名は

人によって異っていますが。。。

 

 

 

ワタシ個人的にはP3と読んでいます

(笑)

 

意味は特にありません・・・

 

 

 

今日はこの丸いリップでの仕掛け方

について勉強していきましょう!!

 

まず、厚いリップの場合は、波の

トップでエグルようにスープへ戻

る為に、上の写真の体勢を作り上

げなければいけません・・・

 

 

なぜなら・・・

 

 

波のトップでは!!

 

後足で板を押さえ込む形を作るの

が絶対条件となります。

 

 

 

 

上半身の回転を使う右肩を後ろ側

に開く体勢を作れることも、後足

で板を押さこんでいるからこそ波

をエグれるということです!

 

 

 

ここができていないのに、波のトッ

プでいくら身体をひねろうとしても

、板と身体が離れてしまい転んでし

まいます。。。

 

 

 

 

 

そこで、この体勢を作る為に逆算方

式で考えていくのが、一個手前の法

則!!

 

 

 

 

それでは、この体勢を作る為の逆算

した動きを見てみましょう。

 

連写だと気づきにくいですが、ボ

トムではこのような深いターンを

しています。

 

 

ここがすべて!!

 

 

波の切れ目に向かって回転を仕掛け

る為には、スピードを出す為の波と

の距離が必要になります。

 

 

フェイスにへばりついてしまうと、

波との距離が近い為に回転を仕掛

けるタイミングが遅れてしまいます

 

 

 

波との距離。。。

 

 

分かりますよね???

 

 

 

まずは、

ボトムからリップまでの距離を作

り、ターンからスピードを上げて

仕掛けていく練習をしていくこと

です。

 

 

 

二個手前の法則・・・

 

 

 

 

 

ここができている場合は

 

 

 

 

次に。

ボトムターンから波のトップへ

上がる為の必要な動き。

 

 

ここが今日の一番重要ポイント!

 

 

一個手前の法則です。

 

 

ターンからトップへ上がる瞬間。

 

 

 

上半身をお越して、体の軸をまっ

すぐにしながら後足のねじり込み

で板の軌道を縦にもっていきます

 

 

つまり??

 

 

これが「軸足ジャンプ」です!!

 

 

 

 

ボトムから波のトップへ上がるま

でに、この軸足ジャンプができて

いるからこそ!

 

 

次の写真の体勢をとれます↓↓

軸足ジャンプというのは、波の

トップでも軸足で板を押さえ込

んだまま、ヒザを曲げていく体

勢と連動します。

 

 

テールが沈んでいますよね??

 

 

 

したがって、

軸足で板を押さえ込んでいるから

こそ、スピンをかけるように体を

回転させることができるんですね

・・・

 

 

 

この動きができてこそ!!

 

 

一番最初に紹介した体勢を作れると

いうことです↓↓

 

ここ最近、リッピングの細いお話

しをしていますが、根本的な練習

方法はこの回転系でも同じという

ことです。

 

 

 

ボトムターンからのトップへ上が

る動作に必要なことは??

 

 

 

または、ライン取りは??

 

 

 

 

そして板を返す為の上半身のひねり

方と引きつけ方は??

 

 

 

このようなリッピングの練習方法と

ほぼ同じということです!!

 

 

 

 

リップが厚い波では!

 

 

ボトムでの時点でリッピングなのか

? 

 

 

エグルのか??

 

 

 

このどちらかをきちんと決めてから

仕掛けにいくことが大切です。

 

 

 

 

丸目のリップは8割・・・

 

エグル方を選択します!!!

 

 

 

 

 

迷ったら一個手前から改善です・・・

 

 

 

 

 

しっかりと練習していきましょう!

 

 

 

 

 

 

 


ジョエル・パーキンソン

パーコのひねる動きの特徴は、この右手の出し方です。

 

スタイリッシュでカッコイイですね。

 

 

波のトップで軸足加重を作り上げれば、あとは

上半身をひねるだけ!!

 

ここを練習していきましょう。

 

 


このボードはパーコに作られた

モデルFMNⅡ。

 

 

かなり進化して登場!!

 

 

■ FMN2特徴