ボードに乗る位置を確認!

ボードに乗る位置を確認しましょう!!

 

正しい位置に乗る目安

のポイント。

最近、過去の記事をアップしてい

ますが、WEBサイトの都合上で

、再更新しなければいけないんで

す・・・

 

 

 

この機会に!!

 

 

 

まずは基礎となるテイクオフを作

り上げるためにも、その内容をつ

なげながらアップしていきますの

で、中級者以上の方でもしっかり

と勉強してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おへそで重心を取り、ヒザを使って

ボードのテールを沈ませたパドルの

形をとるのが、一番スピードが付き

ます。

 

 

 

このブログを読んでくださる方は、

がんばってトライしているかと思わ

れます。

 

 

 

しかし、一緒に海に行って見てみな

いことには、正直できているのか分

かりません。。。

 

 

 

そこで、下の連写でイメージしてみ

ましょう。

パドルをしている時の、ノーズの風

となります!!

 

 

水面ギリギリで進んでいますね??

 

 

 

普通に考えたらノーズが刺さってし

うことだとおもいますが、ボード

はグングン進んでいますよね。

 

 

 

これは、ひざでテールをしっかり沈

ているからこそ刺さらないんです

 

 

 

そして、ノーズを手でつかんでみて

ください。

 

 

 

腕の長さはマチマチかと思いますが

ちょうど手首くらいの位置にノーズ

がくるとドンピシャ!!

 

 

 

 

だいたい、この感じがベスト!!

 

 

 

 

 

まずは、チェックしてみてください

ね。 

 

最初は

この寝そべり方を覚えるのは本当に

難しいものです。

 

 

 

上手くなったら自然に覚えられると

みなさん思っていますが、最初の寝

そべり方を自分なりに覚えてしまう

と、そのまま何年たっても変わらず

にきてしまうものです。。。

 

 

 

 

従って、その寝そべり方のまま!!

 

 

テイクオフをするので、上級者のよ

うな素早いテイクができないという

のが現実です。

 

 

 

 

そう、思えるのであれば!!

 

 

 

 

 

しっかりと、作り上げてください

ね。 

肋骨とヒザを支点でボードを押さえ

ると尺取り虫のような形になります

よね??

 

表現が大袈裟かもしれませんが、気

持ちお尻が浮くようになるはずです

。。。

 

 

その形を取ると重心はどこにあるの

か海の中でトライしてください。

 

 

 

胸を支点でボードを押さえてしまう

とヒザを付くのは難しくなるはずで

す。

 

 

そうすると重心が溝落ちあたりにな

り、ノーズ寄りに板が傾きパーリン

グしやすくなってしまうものです。

 

 

 

何度も何度も言いますが・・・

 

 

 

重心は「へそ」です!!!!

 

 

 

 

普段のパドリングでできるように

なったとしても、いざ、テイクオ

フの時にイマイチ上手くいかない

・・・

 

 

そのような方がたくさんおられま

す。

 

 

 

結論から言うと、できているつも

りということです・・・

 

 

 

この身体でボードを押さえ込むよう

なパドルの姿勢を覚えれば、テイク

オフが素早くなるのは比例します。

 

 

 

 

 

ここを踏まえながら、パドルの姿勢

とテイクオフのスピードがリンクし

ているのかを、よく見つめてくださ

いね!!

 

 

 

 

 

只今スーパーストイックシステム応

募期間・・・

 

■応募方法はこちら

 

 

 

■サーフレボリューション募集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェットスーツ専用ページ