ボトムターンのレールの入れ方

ボトムターンのやり方に関する質問が非常に多いですね。

 

今回第二弾ということで、さらに詳しく書いてみました!

 

まず上の写真のように、この波の大

きさで、この位置にいられるかって

話ですよね・・・

 

 

 

まあ、ここまではかなり道のりが長

いので、イメージだけでも頭に残し

ておきましょう。

 

ケリーのターンを見てみましょう↑

 

 

レールが上を向いていますね??

 

 

 

これがケリーの強さ!!

 

 

強靭な脚力がないとこの体勢を取る

のは不可能となります。

 

 

 

 

しかし、少しでもまねしてみようと思

うならば!!

 

 

 

ターンに入る前に、このイメージを持

ってレールを入れる準備が必要です。

 

 

 

 

 

 

今日はそのあたりの内容を書いてみま

しょう・・・

 

 

 

 

 

ターンに入るまでの心がけ

 

 

 

 

 

ボトムターン講座では、ボトムに

り切ったらリラックスした体勢を一

回とってから、仕掛けることと書い

てありますが、今回はスピードに乗

ったまま、しかけていく体勢に着目

してみましょう!!

 

 

 

波のブレイクが早くて、ターンに

るまでの余裕が無い時では、レール

を入れた状態から一気にボードを寝

かせる為の動作と考えて下さい

 

 

 

まず下半身でのボードの押さえ方を

マスターしていないと難しいですが

できている前提で進めていきます。

 

 

 

詳しくはボードの押さえ方で

 

スピードに乗ってターンに入る前

は、まず、右肩を落とすように右手

を前に出すような形をとっていきま

しょう!!

 

 

 

この肩を落とすような動作が前傾姿

勢の始まりになります。

 

 

その落とした肩の先にはヒジがあ

ます。

 

 

 

 

そのヒジを水面につけるように前

出してください。

 

 

 

 

 

この態勢を作るだけで、かなりボ

ドは寝ています。

 

 

 

 

 

そして、今度は左肩を上に上げる

識で、右肩を後ろに回してください

 

 

 

 

この肩の回し方が結構大事!!

 

 

後ろに回りきった右肩を、今度は

に引っ張る誘導でトップに飛び上が

ってみましょう!!

 

 

 

ガッツポーズをするように、上げ

ください。

 

 

 

 

この右肩の反動をどれだけ早く、

強く回す事がトップに上がるスピー

ドに関係していきますので、最初は

とにかく思いっきりヤルことが肝心

です!!

 

 

この右肩をいかに大きく振れるた

には??

 

 

 

ここを考えると、水面ぎりぎりまで

を倒してから伸びあがっていく

屈が分かりますでしょうか?

 

 

 

 

だからこそ水面にヒジをもってい

ことが、前傾姿勢をとり、肩のふり

幅が大きく使えることにつながって

いきます。

 

 

 

これはすべてボードに全体重を乗

せて、いかに、トップに上がるス

ピードをつけられるか!!

 

 

 

 

 

これは、あくまでもプロの練習課

のひとつなの、できなくてあたりま

えのお話しですが、知識だけでも頭

に入れて置けば、いつか役に立つ時

がくるかもしれませんよ。

 

 

 

 

 

 

今回は早めのブレイクでの肩を意

識した乗り方でした。

 

 

なにごとにもトライです!!