正しいち方とは・・・

ニュートラル姿勢の大切さを知ること!!

 

 

フォームの作り方編

 

今日も晴れて気持ちが良いですね!

 

 

明日からまた雨だそうですが・・・

 

 

川の砂がつきますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

 

 

 

 

上の連写はテールスライドというア

クションとなりますが・・・

 

 

 

 

スプレーが半端ないですよね!!

 

 

 

 

 

 

 

今日は

 

 

このアクションをするのにあたって

、正しい立ち方を作り上げることが

成功への道のり・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなお話しをしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

まずは、波のトップで板を回転させ

る体勢をチェック↑↑

 

 

 

 

正しい立ち方は!!

 

 

■効き手は目の高さで前に出す

 

■両足で板を挟み込む

 

■へそは正面を向く

 

 

 

この3つのフォームが全て揃ってい

ますね。。。

 

 

 

 

 この基礎フォームのまま板を回転さ

せていくのは!!!

 

 

 

身体の軸がブレない腹筋力が全てで

す。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして!!!

 

 

 

あくまでも後ろ足軸で板を挟み込む

ことで、常にテールを後ろ足でコン

トロールしていることを理解してく

ださい。

 

 

 

 

 

テールをスライドさせることは後ろ

足軸で行いますが、板が身体から離

れないのは前足のヒザを内側へ入れ

て押さえ込んでいます。

 

 

 

 

 

 

つまり、両足で板を挟み込んでいる

ということですね・・・

 

 

 

 

この時も足の力はもちろん必要です

が、腹筋に力を入れ続けることでブ

レない状態を維持できます。

 

 

 

 

そして

 

 

リエントリーから板を元に戻すのも

、後ろ足軸で両足の挟み込みの状態

のまま戻すこと!!!

 

 

 

 

 

 

そして、次のセクションへと乗りつ

なぎますが・・・

 

 

 

上の写真を見てみましょう↑↑

 

 

 

 

 

正しい立ち方の項目と同じ体勢ですね

 

 

 

 

 

 

今日、一番お伝えしたいこととは!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q:常に効き手を上げているのはどう

かと思いますが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

A:常に効き手を目の高さに上げてい

る意識があることで、ニュートラル姿

勢を維持できるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度も言いますが!!!

 

 

 

 

ニュートラル姿勢を元に

 

 

 

 

ヒザの上下の屈伸や

 

 

 

 

 

上半身の体勢を低くしたり

 

 

 

 

 

また、左右に捻ったり

 

 

 

 

動くんです!!!!

 

 

 

 

 もう一度、言いますよ。

 

 

 

ニュートラル姿勢のまま動く動作を

作るんです!!!

 

 

 

 

 

この体の動き方はストイックシステ

ムでレクチャーさせて頂いています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、技のアベレージが低い人ほど、

技を仕掛けている最中にフォームを意

識することなんて、そんな余裕はない

と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、テイクオフから構える姿勢、

「正しい立ち方」を意識して立ってみ

てくださいとお伝えしているんですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、ここから作り上げていかない

とには技を仕掛ける時にだけフォーム

を意識しても、そんな余裕はないと思

っていただければ幸いです・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな技でも、波のトップでは正しい

立ち方の姿勢を作ることが絶対なる事

実。。。

 

 

 

 

この大事なことに気づき、陸トレやス

ケボーで練習することで効果を高めて

いくのが理想の練習です。

 

 

 

 

 

一人での練習では必ず限界が訪れます

 

 

 

 

 

限界を感じた方、お待ちしております