バックサイド受講生募集

バックサイドで板を縦にあげるにはどうしたらよいのか??

 

そんなお悩みの方にお勧めコンテンツとなります!!

 

こんにちは。はじめまして。

いつもブログを参考にして練習して

ます。

 

大変濃い内容で本当にありがたく思

っております。この間のブログでの

「バックサイド診断テスト」ではほ

どできていませんでした。

 

それで質問なんですが、ボトムでの

勢がどうしても前足に加重がかか

ってしまい、板を上手く引き込めま

ん。

 

なにか良い方法があれば教えていた

だきたくメールさせてもらいました

 

 

 

 

 

いつもご愛読、誠にありがとうござ

います。

 

 

 

ボトムでの体勢で前足に加重がかか

ってしまい、板を縦に上げられない

ことは最初は誰でも頭をかかえてし

まうものです。

 

 

 

 

そこで今日は、この前足の使い方に

ついた内容を書いてみましょう!!

 

 

 さっそく始めますよ。。。

 

 

 

 

 

 ボトムでの体勢から↓↓

まず上の写真でのボードの角度を見

てみましょう。

 

レールが水面に入り、傾いています

ね。

 

 

この状態を作る為には、どうすれば

良いのか??

 

ここを考えてみるとですよ!!

 

 

 

左手で水面を触りにいくことで、身

体の軸を倒しこんでいけます。

 

 

 

そうすると、前足に加重がかかって

いてはバランス的に転んでしまうの

がわかりますか??

 

 

分からなければ上の写真の体勢を真

似してみてください。

 

 

 

 

左手で水面を触る位置もしっかりと

確認しながらやってみると、自動的

に後足で踏ん張っていなければ転ん

でしまいませんか??

 

 

 

この体勢ができていないと、板を真上

に上げることは不可能となります。

 

 

 

 

 

そして次↓↓

右手を前に出すことで身体がねじれ

ていくので、後足に加重が上乗せさ

れていきます。

 

前足はかかとで押さえている程度に

なりますよ!!

 

 

次が重要ポイント!!

 

 

右手を前に出すことで身体がよじれ

、後足に加重がめいいっぱいかかっ

た時!!!

 

 

 

足首をリップ側に向けながらねじり

込むように回していくのがくポイン

トです。

 

「効き手と効き足の連動」です!!

 

 

 

そして、さらに!!

 

今の足首の動きと左肩を上に上げる

動とを同時に行っていきます。

この後足首と左肩を11:00の方

向へ上げる動きをさらに付け足すこ

とで初めて、板の起動が縦へと変わ

っていきます。

 

 

前足はボトムでの押さえ方と同じよ

うにかかとで板の上に軽くのせてい

る感覚となります。

 

そして、板がリップへ向けて昇り

だしたら、前足のヒザを内側へ入

れることで身体に板を引きつける

ことと同時に、軸足に加重を倍増

させることができます。

 

 

 

その動きがあってこそ!!

 

 

 

両肩をデンデン太鼓のように反転

させることができるようになりま

す。

 

「コンパスの原理」

 

 

 

波のトップでは両肩を回し切った状

態を作ることで、後足に加重が全部

乗り、静止状態を作ることができる

のは、前回のブログでもお話ししま

した。

 

 

 

最後は、ノーズをスープ側に向ける

ように返すことを忘れないように!

 

 

 

 

このような一連で身体を動かしてい

きますが・・・

 

実際にはゼロコンマ何秒でやるんです

・・・

 

 

 

 

コレを読んでいきなりできたら天才

です!!

 

 

 

 

 

普通に考えたら、かなり反復練習し

ないことにはモノにできません・・・

 

 

 

 

実際に海で練習しようと心みても、

波に左右されるために、ほんの数回

しかできないのも事実です。

 

 

 

 

しっかり身体に染み込ませる為にも

、サーフレボリューションでこの、

身体の使い方を練習しにきてくださ

いませ。

 

 

 

 

告知です↓↓

 


サーフレボリューション

バックサイド編募集

 

映像をみながら効き手を使うタイミン

グや首の折り方など勉強していきま

す。

 

そして、ボトムでの体勢で後足に

加重が乗るフォームを作り上げなが

ら、板を縦に上げる身体の使い方を

練習していきます。

 

身体に負荷をかけながら反復練習す

ることで、リズミカルな動きへと変

わっていくことができます。

 

 


応募方法

コンテンツ:3

バックサイド編

 

バックサイドの基礎となる動作

を作りあげるスタジオ教室

 

 

【開催日】3月23日 土曜日

【時間】19:00~20:50

 

【場所】関内スタジオ

※横浜市中区蓬莱町

 

【人数】5名限定のみ

 

【料金】4860円税込

※振込決済となります

 

---------------------------

SOLD OUT

-------------------------- 

 

 

※多数の応募、誠にありがとう

ございます。

 

順々にメール返信させていただき

ますのでお待ち願います。