アップスンで加速が付いたら技をかける!!

海に入る前に必ず読め

!!パートⅢ

 

梅雨って明けた??

だいぶ夏らしくなってきましたね!!

 

 

短い夏を満喫しましょう。。。

 

 

 

今日は前回からの続きとなる内容とな

ります。

 

 

 

 

 

まずはもう一度おさらいから!!!

テイクオフがすべて!!!

 

うねりに持ち上げられる瞬間に、お腹

とヒザを使ってボードを真下に沈める

こと!!!

 

 

ここができるかできないかで、中級者

と上級者の分かれ道!!

そして、速いブレイクでは必ず左手

の力を使ってレールをフェイスに噛

ませたまま足を置くこと!!

 

 いいですね??

 

 

 

では、次。

そして、前足がボードについたら!!

 

 

前足のヒザを内側へと締めながら波の

トップへ軸足ジャンプ!!!!

 

 

難易度は高いですよ。

 

 

 

 

 

そして!!!

 

軸足ジャンプしながら後足を曲げるよ

うに意識すること!!

後足を曲げることで、波のトップで

後足に加重がかかり、板をボトムへ

振れることが容易になります。

 

 

※前足はボードの動きに合わせて添

えているだけ!!!

そして最後に

板がボトムに降りたならば!!!!

 

ここで、前足のヒザを再度内側へ入

れながらボードを強く踏み込むこと

が重要!!!

 

 

この力が強ければ強い程にレールが

深く入り、次への加速がまったく違

っていきますよ。

 

 

 

 

 

というのが前回までのブログの内容

となります...

 

■テイクからの加速の掛け方

 

 

 

 

 

 

今日はこの続き!!!

 

 

 

ではいきますよーーー

 

まず、上の写真のようにボトムへ降りた

ならば、次にやることは大きく分けて3

つです!

 

 

1 そのまま同じ動きを繰り返す

  (アップスン)

 

2 リップが厚くなっているので戻り

 系のアクション

  (カットバックやトップターン等)

 

3 リップが崩れてきそうなのでリッ

  ピングアクション

 

 

 

大きく分けてこの3つの選択となりま

す!!!

 

 

これは波のブレイクを読む技術も必要

となりますが、だいたいこの3つのパ

ターンで波に乗るのが基本となります。

 

 

 

 

ここ、結構大事です。

 

 

この3つのパターンに絞ることで、ボ

トムで波を見れることにもつながって

いくので必ず頭に描いてください。

 

 

いいですね???

 

 

 

 

 

では、今日は3番目のリッピングアク

ションを繋げた解説をしてみましょう

波のトップからボトムへ降りたならば

、先のリップが崩れてきそうな状態を

判断。

 

先ほどの3番ということ!!!

 

 

となると、ボトムにいる時点でリップ

を仕掛けるこを判断できますね??

 

 

ボトムで判断できるというのは常に

余裕を生み出せるということ!!

 

 

 

 

そして次!!!

 

 

 

ボトムに降りた状態では必ず効き手を

前に出しながら、両足で板をハサミ込

むように踏み込み、レールを深く入れ

ることが重要です!!!

 

 

 

 

なぜなら。。。

 

 

そのまま、レールを入れ続けることで

ボトムターンへと繋がります。

 

 

 

 

つまり、ボトムターンをやろうという

意識よりも両足で板を挟み込むように

ふんばる体勢を作ることから始めろと

いうこと!

テイクオフから波のトップへ上がる軸

足ジャンプを我慢してボトムで待つ!

 

結果、フォームも意識できるように変

わりボトムターンになっていくという

こと。

 

 

 

 

まずは、この感覚で練習することの方

が、上達スピードを上げていけるんで

す。

 

 

 

 

いきなり、深いターンを練習したとこ

ろで、簡単にできるほどサーフィンは

甘くないといこと。

 

 

 

 

みなさんは基礎を飛ばして深いボトム

ターンをやろうとする人ばかり。

 

 

だから、なかなか上手くできないんで

す。

 

 

 

 

 

深いターンというイメージを一旦捨て

て、まずは効き手を前に出しながら、

軸足ジャンプのタイミングを見計らう

というボトムでの静止を意識すること

 

 

 

 

 

 

ここを飛ばさずに必ず練習してくださ

い。

 

 

そして!

 

崩れてきそうなリップのタイミング

に合わせて軸足ジャンプで踏み切る

!!!

 

 

 ここで、ボトムで前に出した効き手

を回すように連動させることが重要

・・・

 

この軸足ジャンプは波のトップへ上が

るアップスンの動きとまったく同じ。

 

 

 

ただ、角度が違うので難易度もあがっ

ていきますが・・・

 

 

 

後足で踏み切りながら後ろ足のヒザを

曲げていく動きはまったく同じとなり

ますよ。

 

 

 

 

理解できますか???

 

 

 

 

 

 

ワタシはこの動きを覚えてもらうため

に普段からのテイクからの軸足ジャン

プ!

 

 

そして波のトップからボトムへ後足で

板を振りながら両足で踏み込む!!

 

 

 

この基礎練習を集中的に練習してもら

います。

 

 

 

 

なぜなら、上のリッピングの動きは、

その延長線上にあるということを覚え

てもらうためです。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、テイクからのアップスンの基

礎動作がしっかりとできていないこと

には、技の練習をしても習得には時間

がかかるということ!!

 

 

 

 

逆に、この基礎動作をしっかりとマス

ターすることができれば、技はすぐに

できるようになるということです。

 

 

 

 

 

 

リッピングを仕掛けても波のトップで

転んでしまう人は、軸足ジャンプから

の板の引きつけ。

 

 

 

そして、後ろ足コントロールで上半身

の肩を回す動き。

 

 つまり、上半身のひねり。

 

 

 

着地は両足で板を挟み込むように踏み

込むこと!!

 

 

 

 

ここを集中的に練習することで、スピ

ードが数倍付きます。

 

 

スピードが付けばボトムでの余裕を生

みだし!!!

 

 

 

冒頭で言いました

 

 

1 アップスンの繰り返し

 

2 戻り系

 

3 当て系

 

 

 

この3拓に絞って技の練習を繰り返せ

るものです・・・

 

 

 

 

 

上手く伝われば嬉しいですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


JSオーダフェア

今日の動きをするのは、テールの感覚

やレールの厚さなども重要となってい

きます!!

 

 

真剣に上達を目指すのであれば、ある

程度のパフォーマンス性が強いボード

でなければできません・・・

 

ちなみに、モンスタ20は本当に凄い

!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

近いうちにテストライドでご紹介しま

すのでお楽しみに!

 

 

 

JSオーダーフェアは残り2本となりま

した!!!

 

 

 

規定数に達した時点で終了となります

 

 

この機会にご相談くださいませ!!!

 

 

■JSオーダーフェア詳細