ヘソで重心を取るテイク

基本に帰っての見直しも大事です!!

 

 


こんにちわ(#^.^#)はじめまして♫

テイクオフ講座を見ていつも勉強さ

せてもらてます。

 

 

テイクオフの時にどうしてもアゴ

てしまうのですが、いいのでし

ょうか?もし、NGの場合はなにか

良い方法があれば教えてください。

<(_ _)>    25歳女性Y様

 

 

 

 

Yさんこんにちは!!

 

いつも読んでくれてありがとうご

ざいます。

 

 

 

サーフィン歴が書いてなかったので

、なんとも言えませんが考えてみま

したのでご参考程度に聞いてくれた

ら嬉しいです。

 

 

 

まず、海に行ってもなかなか波に立

てない人であれば、立つことが先決

なのでアゴを付いてもぜんぜんOK

すよー!!

 

 

 

 

ただこのブログを読んでくれる方な

らば、もっと上を目指していると解

釈させてもらい、一歩上のはなしを

させていただきますね!

 

 

 

 

波にはそこそこ乗れているのに、ア

ゴを付いてしまうのであれば、アゴ

を付かないように心がけた方がいい

と思います。

 

 

 

なぜなら、ボードに寝そべった状態

でいるときに、ムネで重心を取ると

アゴを付きやすくなります。

 

 

 

ヘソで重心を取るとアゴを付けると

ノーズが沈んでしまいます。

 

 

 

この差は、テイクオフの立つスピー

ドが大幅に変わっていきます。

 

 

 

したがって、ヘソで重心を取る形を

練習すれば自然にアゴが付かなくな

っていくと思いますし、テイクのス

ピードを上げていける練習をしてい

きましょう。

 

 

 

アゴを付く癖がある人は、

 

 

 

必ずノーズ部分がアゴの後が付き

ボコボコ凹んでいます。

 

 

 

 

無意識に付いている時もあるので、

ノーズの凹みがあるのか確認すると

かりやすい判断基準になると思い

す。

 

 

 

 

 

 

そこで、ヘソで重心を取る為の方法

を書いてみますので集中して読んで

ください。

 

 

 

 

 

 

まず、上の写真のように足を広げる

のはNGです。

 

 

最初は無理もありませんが、慣れて

きたらなるべく足を閉じてください

 

 

ヘソで重心を取るとモモとヒザを使

ってボードをしっかり押さえないと

上手くバランスを取ることができま

ません。

 

 

足を開くことはムネで重心を取って

いることになりますので、しっかり

足を閉じてください。

 

 

では、へそで重心を取ったパドルの

見本をみてみましょう↓↓

 

 

ヒザ部分が沈んでいるのを見てくだ

さいね!!

 

これは、へそで重心を取ると、ボー

ドの真ん中に乗っているの為にノー

ズとテールがシーソーのように動い

てしまいます。

 

 

 

そうならない為にも、腹筋に力を入

れてボードを押さえ込むように意識

して、ヒザでテールを押さえながら

水平バランスを調節していきます。

 

 

 

 

常にこの形を意識してパドリングを

やってみてください。

 

 

 

 

ここが、踏ん張りどころです。

 

 

 

腰や背筋にモノ凄い負荷がかかりま

すのでやり込む必要が求められます

 

 

下の写真をみてみましょう。

上の写真ではノーズが水面に沈んで

いるのかな??

 

 

そのくらいの位置でノーズを保ち、

ヒザで調整しているというのが良く

わかるかと思います。

 

 

 

ヘソで重心を取り、しっかりボード

を押さえることができれば、こんな

に簡単にテイクができるようになる

わけです!!

 

 

 

テイクオフが上手な人は必ず、この

形を取っています。

 

 

 

『なんであんなに簡単に乗れるの?』

 

 

 

そう思ったことはあると思いますが

、答えはここにあります。

 

 

 

 

 


ショートボードは最初は本当に大

です。沖に出ることもままなら

ず、苦労の一言だと思います。

 

 

自分の楽しめる範囲で海に通って

うちに、自然と上達してい

ます。

 

 

 

この上達のスピードを上げたかっ

り、一人で心ぼそかったり悩ん

でいたままでは先に進めませんの

でご相談くださいませ・・・

 

 

 

 

手を放しても、ボードが進んでいく

をつかんでみてください!!

 

 


スタジオトレーニング

へそで重心を取る為の基礎トレーニング!!

 

 

 

 

力を入れるポイントを練習していきながら上達を目指していきます!!

 

■ サーフィン基礎トレーニング