ボトムターンのレールの入れ方

今日は夏日!!毎日晴れたり雨降ったりと

天候が変わりますね。

続き→

今年は台風当たり年になりそうな予

感がします。。。

 

 

今日はボトムターンのお話し!!

 

 

サーフィンではこのボトムターンが

非常に難しく四苦八苦している方も

多いはずでは。。。

 

 

そこで今日はまずはじめに覚えなけ

ればいけない動作を勉強していきま

しょう。

 

 

テイクオフから立ち上がって最初に

意識していく大事な動作となります

 

JSライダーのエースの写真を使いな

がら進めていきますのでイメトレし

ていきましょう。

 

 

それではいきまーーーす。

まず、ボトムターンに入る前の心がま

え!!

 

 

テイクオフしてボトムに降りる瞬間か

ら必ずコレを意識してください。

 

写真上の左手の動きに注目。

 

左手の肘がへその前に来るように前に

出すこと!!!!

 

 

これは、前回のバックサイドのブログ

でも書きましたが同じ動作となります

 効き手をまえに!!

 

 

ターンに入る前に手の反動を使って深

くレールを入れる為の大事な動作とな

りますので、まずはここから!!

 

この動作を意識することにより、ター

ンの初速を作り上げていけます。

 

 

コレができないことには次の動きがで

きませんので必ず行ってくださいね。

 

 

そして次!!

 

前に出した手を後ろに振りながら、

その反動を使って身体の軸を前に倒

し込んでいきます。

 

ボトムで足の力だけでレールを入れ

るのではなく、体の軸を前に倒しな

がらレールを入れることで水面に深

く入りスピードを上げていけます。

 

従って、板を寝かす為に効き手を使

って反動を作れ!!ということです。

 

 

そして

その状態を取って初めて、両足の押

さえ込む力が求められていきます。

 

 

 

両足で板をハサミ込むように押さえ

つけ、レールを深く入れていきます

 

 

ここは何度もお伝えしているように

両足の親指に力を入れながら、さら

に両足首を内側に倒し込んでいきま

すよ。

 

 

そうすることでヒザに力が入り自然

と曲がっていくものです。

 

 

そしてトドメとして内側の太ももを

くっつけるように力をいれることで

板の押さえ込みが完成されます。

 

 

そうです!!

股関節を締め付けるという動作です

ね。

 

 

この動作をやることで、レールを深

く入れることができ、ターンのスピ

ードをあげていけます。

 

 

つまりですよ!!

この一連の流れ!!

 

 

テイクオフして立ち上がりボトムに

降りながら、今伝えたことを頭にイ

ージしていなければ上手くいか

いということを理解してください。

 

 

 

ここを陸トレ、スケボーを使って練

習していきましょう。

 

 

そしてターンでスピードを付けて、

波のトップへ踏み切っていきます。

 

「軸足ジャンプ」です!!

 

レールを入れて波のトップへ向かう

瞬間にスピードが落ちるポイントを

見極めたタイミングで軸足ジャンプ

に切り替えるように意識です。

 

 

これができなければターンでスピー

ドを付けても失速してしまうので連

動させる練習が必要になります。

 

 

ここはストイックシステムで重点的

に練習していますが、難易度はかな

り高い技術となります。

波のトップでは、軸ジャンプでレー

ルを抜き反対側のレールに切り返す

瞬間に軸足で板を押さえ込むこと!

 

 

この動きを覚えなければ、いくら左

手を前に出しても板が離れてしまう

ので、かなり重要なポイント!!

 

 

 

軸足で板を押さえ込んでいるからこ

そ左手を使って上半身をひねってい

くことができます。

 

 

 

 

今日はボトムターンから一連の流れ

を少しだけ書いてみましたが、イメ

ージはできましたでしょうか??

 

 

 

サーフィンはスピードがなければ、

技をかけるのがより難しくなってい

きます。

 

 

つまり、やりたいことが上手くいか

ばい場合はスピードがない状況が原

因となっていきます。

 

 

そういう状況はすべて、テイクオフ

からの初速を作る動作が始まりとな

りますので、ここに着目できた人は

ず上級者の道へ辿りつけます。

 

 

この動作を徹底的に改善しなくては

一向に先にすすめない!!

 

 

このように考えています。

 

 

 

従って、ボトムターンを練習する場

合、テイクオフから起き上がった状

態の基礎を作りあげてからターンに

入ってみてください。

 

 

必ずいつもとは違う手ごたえを感じ

ることができます。

 

 

 

頑張って練習していきましょう!!

 

 

 

JSライダーのRAYN CALLINANの

ターンをイメトレしてください↓↓

 

 

 

JSオーダーフェア開催 

RAYNのような深いターンを練習した

いのであれば、ロッカーが無いボード

ではドライブをかけることができませ

ん・・・

 

 

弧を描くようなターンをするのであれ

ばテールロッカーがあるパフォーマン

ス性が強いボードが必要になります。

そのあたりを十分に理解して、自分

がやりたいこととそぐ合っているボ

ードで練習してください。

 

 

そのあたりもオーダフェアでご相談

ください。

 

 

期間限定20本!!

7月21日からオーダー受け付け

 

 

 

 

 

※業務連絡※

 

2月のオーダフェアでJSをご注文し

てくれているみなさま。

 

納期がかなり遅れており、大変ご迷

惑をおかけしております。

 

申し訳ございません・・・

 

7月20日前後の納品予定となってお

りますので、今しばらくお待ち願いま

す<(_ _)>