昨日の続き!!

今日も上級者向けのブログです!

昨日に続いた内容となりますので勉強してください。

結局、波が厚くなったリップをエグ

ルように板を返していく技の名前が

明確となっていません。

 

 

スナップバックやスラッシュバック。

 

この辺が呼ばれているかと思います

が、はっきりとした違いはなんなの

か??

 

 

いまひとつ理解しがたい部分となっ

ています・・・

 

 

ワタシ的にこの技は、リッピングに

い動きから波のトップでエグッて

く感覚が、カットバックと非常に

ていることから、縦のカットバッ

クと勝手に呼んでいます。

 

 

 

そんなことで

日はその具体的なやり方を見てい

きましょう。。。

 

 

 

軸足ジャンプから、波のトップで回転

するイメージを持っているからこそ、

右手と首をひねり、後足首を内側にね

じりこんで身体全体を反転させる準備

をしていきます。

 

この動作が先決!!

そして

波のトップへ上がり切ったならば、左

を真下に伸ばしながら水面を触るよ

うな形を作りあげます

 

 

 

左手が水面に入ったならば、それを

軸に、右手と首をさらにスープ側を

向くようにしながら体全体をひねっ

ていくことで板が回転していきます。

 

 

一個前の写真と上の写真の右手と首

の位置を見比べてください↑↑

 

かなりねじり込んでいるのが分かる

かと思います。

 

 

この動きだけをピンポイントで見て

も分かるように、軸足と上半身のリ

ードで乗っていますね。

 

 

前足はかかとで押さえている程度の

力しか入っていません。。。

 

この動き方は、ほぼ。カットバック

と同じです!!

 

 

縦に回るか、横に回るかの違いだけ。

そして、身体がまわり切ったら

後足のパワーで、おもいっきりテー

ルをエグッてスプレーを出していき

ますが、ここでも同じように、スー

プまでしっかりと戻ることが大事で

す。。。

 

 

そして、トドメのテールスライドで

板を反転させていくのが理想となり

ます。

 

 

 

 

 

普段、切れた波に乗るとこのような

セクションに遭遇することが非常に

多いです。

 

逆に、オフザリップを仕掛けられる

時よりも多いかもしれません・・・

 

 

このイメージを作り上げれば、トラ

イするチャンスはたくさんあるはず

です。

 

 

まずは、左手水面からの右手のねじ

りこみを練習していきましょう。

 

 

この技を覚えるだけで、技のバリエ

ーションが一気に増えていくことで

しょう。

 

 

 

 

 

 

 

今日もジュリアンのライディングで

勉強してみましたが、彼のパワフル

なライディングは見ていてすごいも

のを感じますね・・・

 

 

今年はグランドチャンプを狙える位

置にいます。

 

 

がんばってほしいところですね。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    GONZO (水曜日, 30 5月 2018 15:32)

    ご多忙の所失礼いたします。本人は当然すごいですけど。
    板も一般サーファー用と違っていろいろチューンしてあるみたいですね。それがし、サーフボードコレクターでWSLや日本のプロの板まで持っています。10年以上落ちのAIの板は1回だけムネ~あたまの湘南某リースで乗りましたが、乗ったら早くてついていけませんでしたよ。後はバックサイドの立てリップの決まりそうでした。今
    JWの板ですが、メルカリに1本だけ3万円で出品しているみたいです、モンスタかモンスタ3だったとおもいます。

ウェット通販サイト