フロントでも同じ!!

ストイックシステムにたくさんの方が応募してくださいまして誠にありがとうございます

順々にメール返信させていただきま

すので、お待ち願います。。。

 

これから上達目指して頑張っていき

ましょう!!

 

 

 

 

さて。

 

今日は前回のバックサイドでのお話

し 厚いリップをエグル手法を書

いてみましたが、フロントサイドで

も全く同じという内容です。

 

 

 

 

しかし、

難易度がある内容ですので上級者向

きとなりますが、イメトレだけでも

繋げてみてくださいませ・・・

 

 

それではいってみましょう!

 

 

厚いリップでの対処法。

 

 

 

【フロントサイド編】難易度5

まずはボトムでの状態から見てみま

しょう↑↑

 

赤マルを狙う為に、右手を前に出し

ながらボトムターンで加速をかける

準備から入ります。

 

 

レールを深く入れる為に上半身を前

に倒し込んでスピードを上げていき

ます。

 

この時点で赤マルのリップは崩れて

きそうなので、オフザリップを狙い

にいきますよ!!

 

しかし!!

 

軸足ジャンプをした瞬間、リップが

思ったよりホレてこないのを察知し

ます。

 

なぜ、察知できるのか??

 

ここがむすかしい部分です・・・

 

 

トップに登りかけで、波のフェイスが

厚いと判断できる感覚。

 

スロープがやや斜めになっているとい

う自分の判断基準。

 

ここは熟練された慣性が必要な部分と

なりますので、経験をたくさん積むし

かありません・・・

 

 

 

まずはここがポイントになります!!

 

そして!

 

軸足ジャンプした瞬間からリップが厚

いと判断して、リッピングではないこ

とを切り替えていきます。

 

つまり。。。

 

 

エグル方を選択!!!

 

ゼロコンマ何秒での判断。

 

 

とっさに左手を水面に入れながら、ス

ープ側へと戻ることを意識していきま

す。

 

 

ここが、難易度5です!!!

 

 

水面に入れた左手を軸に回転していき

ます。

 

この動作は体勢が低くなりますので、

必ず覚えなければいけない動作です。

 

 

そして!

 

バックサイドでもお伝えしましたが、

スープまでしっかりと戻ることは同じ

になります。

 

 

ポケットからのリエントリーで、次

へのスピードを上げていけます。

 

 

 

 

今日の本質は、リッピングセクション

かと思いきや、リップが厚くてスナッ

プに変えていく手法です。

 

 

 

カットバックやバックサイドでの左手

で水面を触るというお話しをよくする

かと思いますが、そのクセを付けてい

ると、このようなバリエーションにも

繋げていきます・・・

 

 

 

この動きを覚えると、見る側の期待を

裏切るような乗り方。

 

 

つまり、芸術的な乗り方と判断できる

ことで、ジャッジを唸らせることがで

きるんですね。

 

 

エクセレント部分です。。。

 

 

ぜひ、習得してくださいませ!!

 

 

 

【お知らせ】

2月のJSオーダフェアでご注文を頂

いたみなさま。

 

納期が少し遅れておりまして、6月

中旬となります・・・

 

 

大変申し訳ございません。。。

 

 

いま、しばらくお待ち願います。

 

 

 

届きしだいご連絡いたしますので、

ろしくお願いいたします。。。