軸足コントロールができる手法

五月晴れが続いていますね

!!どこも混雑しているのでしょうか…

お店にいると分からない(笑) 続き→

さて。

 

今日は昨日に続きまして、体を正面

に向けながら波に乗れ!というお話

し。。。

 

 

この話しを聞いてまず疑問に思うこ

とがいくつかあるかと思います。

 

 

波のトップに上がるに為には、身体

を使ってレールを深くいれていきま

すよね??

 

その動作は必然的に波側へ身体を向け

ながら行っていきますので、正面を向

くとは、どういうことなのか??

 

 

まず、この疑問が生じるかと思いま

 

 

 

今日はそのあたりを少し書いてみたい

と思いますので真剣に読んでくれたら

嬉しいです。。。

 

まず、ボトムからレールを入れて加速

をかける体勢となります↑↑

 

 

普通なら、右肩が波のリップ方向へ

向ける姿勢を取るイメージかと思い

すが、上の写真の右肩をご覧くださ

い。

 

正面を向いていますね??

 

これがニュートラル姿勢

「へそを正面に向けろ」という体勢で

す。

 

 

そして今日の本題となるお話し!!

 

この体勢で、なぜレールを入れられる

のか??

 

 

ということです。

 

 

これについては、いつもお伝えして

いる、軸足コントロールの使い方が

非常に影響していきます。

 

 

ここからが本番です(笑)

 

 

集中して聞いてくださいね!!

身体を正面に向ければ向けるほどに

後足が正面にねじれていきます!!

 

実際に陸でやってみてください。

 

足の裏を地面に固定したまま、体だ

け正面にひねっていくと、後足のヒ

ザも正面に向くように連動していき

ます。

 

そして両足の太ももをくっつけるよう

に意識すると股関節がキュッと締まる

かと思います。。。

 

 

どうですか??

 

 

その体勢を作れたならば、身体が正

面を向いていても後足でレールを入

れることが可能ではないでしょうか

??

 

つまり、これがいつも言っている!

「軸足意識の上半身のリード」とな

る基本的な体勢となります。

 

 

つまり軸足コントロールを練習して

いく為には、へそを正面に向けた体

勢をしっかりと作り上げることも大

事なんですね・・・

 

この体勢をしっかり作ることができ

たならば。。。

 

波のトップへ上がる際、身体を正面

へ向きながらかけのぼることができ

ます

 

 

つまり!!

 

この体勢で波のトップへ上がることを

「軸足ジャンプ」と表現しています

・・

 

 

奥が深いでしょーー。

 

 

結局は

テイクからの正しい立ち方をしっかり

と仕上げていくのが先決!!

 

 

ここをスルーしては、何もできない!!

 

ということも、理解していただければ

嬉しいですね・・・

 

 

 

今日はここまで!!

 

 

頑張っていきましょーーー

 

スーパーストイックシステムでは

このような基礎を徹底的に固めてい

きますが、実際に試してみたところ

、できないことばかりです。

 

 

それは、長年にわたって自分の乗り

方の「クセ」ができてしまっている

為に、なかなか思うようにできない

んですね・・・

 

逆にクセがまだ付いていない初級者

の方が、すんなりできてしまうこと

もあります。。。

 

 

 

 

ここを改善していくには、普段から

の陸トレやスケボーを使って、フォ

ームを修正していかなければ、いつ

までたっても自分の乗り方を捨てる

ことはできません・・・

 

 

ワタシの経験から言わせてもらうと

このようなことは、メンタル的な強

い心と上手くなりたいという好奇心

が兼ね備えていなければ、絶対に無

理だと思います。

 

先日、バリトリップから帰ってきた

方が、この極上の波を思うように乗

れなかった悔しさを

 

「自分がもっと上手くなりたいとい

という強い気持ちが足りなかったで

す・・・」

 

こう、ワタシに言ってくれた言葉が

とても印象的でした。。。

 

この一言の本質は実に深く、一生け

ん命やってきた人にしか言えない言

葉なのが十分に伝わってきました。

 

 

つまり、サーフィンは本気で自分と

向きあわない限り、上達はしないと

いうことです。。。

 

 

この意味が伝わってくれたら嬉しい

限りです・・・

 

 

 

スーパーストイックシステム募集は

5月13日からとなりま。

 

 

本気で上達を考えているかた。

お待ちしております・・・

 

 

 

 

ウェット通販サイト