前足の引きつけ方

春の嵐といったとこでしょうか・・・

全域クローズ

気味の湘南ですが、いい波の場所はあります!続き→

さて。

 

 

連日お伝えしているオフザリップで

の板を返す時の前足の使い方。

 

今日はコレについてもう少し掘り下

げてみましょう!!

 

まずはじめに、何度も何度も言いま

すが、サーフィンは後足でコントロ

ールしていくものです。

 

 

つまりこれが、軸足意識となります

が。。。

 

 

 

では!

 

前足は使わないのか??

 

 

そんな疑問を持つ方も多いはず…

 

 

もちろん前足の使い方も重要となり

ますが、あくまでも軸足に加重をか

けたままの状態を常に保ちながら、

前足を使っていくというのが正解と

なります。

 

 

それではオフザリップの動きの前足

だけに着目を置いて勉強してみまし

ょう!

 

 

かなりのマニアックの内容です(笑)

 

 

 

 

 

まず最初はリップへ向けての軸足ジ

ャンプからいきましょう。

 

上に登ってジャンプしているのに、

軸足のヒザが曲がっていることから

軸足で板を押さえきっているのが分

かりますね?

 

しかし!!

前足のヒザを見るとですよ。。。

 

伸びきっていますでしょ??

 

これは、かかとで板を軽くおさえて

るような感覚となります。

 

つまり、力が入っていない。

ということなんです・・・

 

なぜ・・・

 

ここが大事かと言うとですよ。

 

 

多くの人は前足でレールを入れな

がら波のトップへ上がっている為

に、前足に力が入ったままの状態

となっています。

 

まずはここを改善しなければ上級

者にはなれませんよ!!

 

 

やり方に関しては話しが長くなる

ので今日はやめときますが、前足

は軸足ジャンプからは板を支える

ような感覚でいること!!

 

 

上に登っていくので物理的に考え

れば分かるかと思います。

次に波のトップへ上がった状態です。

 

テールが沈んでいるのが分かりますか?

 

ここでも軸足コントロールのままです!!

 

前足は板を添えているだけの感覚とな

りますので、この体勢を作らなければ

NGです。

 

ここでなぜ?後加重の状態でいられる

のか??

 

ここを考えてみましょう。。。

 

 

それは、右手を耳に当てることで、上

半身がボトム側に向けてひねっている

からこそ軸足支点となります。

 

 

軸足支点を意識すると足の裏とデッキ

パッドに粘点が作られていきます。

 

 

ここは難しい内容ですが、いつも読

んでくれている方は理解できるかと

思います。

 

 

この粘点を作り上げてしまえば、前

足に力が物理的に入らなくなります。

 

 

上手く伝わるかな・・・

 

そして先ほどの写真と上の写真の右

手の位置を見比べてください↑↑

 

上の写真の方が、右手の位置がボト

ム側にきていますね。

 

そして左肩も開いています。

 

 

上半身を使って、ボードを身体の真

下に引きつける大事な動きとなりま

すので徹底的にやり込んでください。

 

 

それでですよ!!

 

 

その上半身のひねりの動きに合わせ

るように前足を折りたたみながら、

身体の真下にボードがくるように引

きつけていきます。

 

 

これが今日の本題。

 

前足の使い方となります。

 

 

波のトップから、上半身のひねりに

合わせて身体の真下にボードがくる

ように折りたむように引き込んでい

ますね↑↑

 

 

そして、踏み込む&押さえ込むです。

 

 

「折りたたむ」を強調していますが、

これは、板を前足でボトムに「引きずる」

ような感覚で引き込んではNGという

ことです。

 

 

 

引きずる感覚とは前足の力を使って

いますよね??

 

 

これが一般的にやっていまいがちな

前足の使い方となっていますが、前足

は折りたたむようにボードを引きつけ

ると、引きずるような感覚ではなくな

ります。

 

 

これが今日一番伝えたいことです!!

 

 

軸足で板を押さえ、身体をひねるこ

とでボードは回転していきます。

 

 

その板の軌道に合わせるように前足

を折りたたむだけ!!!!

 

 

 

 

「足だけではNG」とはこの前足で板

を引きずることなんです。

 

 

上半身をボトム側にしっかりとひね

ている状態で、板を前足で引きず

ってしまうと転んでしまうものです。

前足は折りたたんで踏みこむ!!

 

 

この表現がワタシの中ではピンとき

ます。

 

 

できるまでトライです。。。。

 

 

 

 

鋭いリッピングを練習するのであれば

ボードロッカーを強いものを選ぶ必要

があります。

 

 

軸足ジャンプで板が波のトップへすん

なり上がるためには、テールロッカー

が強くないと余計に難しくなってしま

うものです。

 

 

フラットのロッカーでは、斜めに飛び

あがる軌道になっています。

 

 

ボード選びは自分がやりたいことに合

わせて、きちんと選んでくださいね。

 

 

 

AIR-17

このモデルは回転性を出す為にロッ

カーを強めに設定してあります。

 

しかし、アウトラインやセンター部

分のボリュームを上げることで力の

ン無いブレイクでもスピードが付く

設定をしてあります。

さらにテール形状をやや丸めたこと

で、ターンの伸びを鋭くなるように

仕上げています。

 

 

これはINSIST限定モデルとなります

が、かなり反応が高いものに仕上がり

ました。

AIR-17 INS限定モデル

 

5'9×18 3/8× 2 5/16 25.8ℓ

 

中級~上級者向け

 

\125000+TAX

 

※ブラシ無料

 

 

この板で鋭いオフザリップを練習し

てください。

 

 

 

絶賛発売中♪

 

お問い合わせは

insist.surf2003@gmail.com

 

 

ウェット通販サイト