後足でレールを入れる意識

今日は春を感じさせる天気となっていますね!!

湘南でも波があるのでいい感じ。続き→

今日もバックサイドのお話し!!

 

 

バックサイドでリップアクションを

する場合、大きく分けると2パター

ンあります。

 

 

1つ目は、崩れかけそうなリップへ

板のボトム側を当て込むようにして

返すリッピング。

 

もう1つは、厚いリップをテールで

グルようにスプレーを上げながら

返すトップアクション。

 

 

この二つはどちらもリッピングとい

うカテゴリーの為、同じように仕掛

けるように説明されていますが、実

際には微妙に板の返し方は異なって

いきます。

 

 

 

そこで今日は厚いリップをエグル返

方について書いてみたいとおもい

ますので勉強してみましょう!!

上の写真では、厚いリップに向けて

ボトムからトップへ上がりかけの瞬

間です。

 

すでに顔はボトムへと向いています

ね。

 

 

ここに注目してみましょう!!

 

なぜ、上に上がるベクトルにも関わ

らず、真下を見れるのか??

 

ここが重要なポイントとなります。

 

一般の方は波のトップへ上がってか

らボトムを見てしまう傾向が強い為

に、大きなスプレーを上げることが

できません・・・

 

なぜでしょうか??

 

 

ここを理解できると大きく変わって

いきます。

 

ボトムから波のトップへ上がる際に

、要は後足でレールを入れながら押

さえけているからこそ身体をひね

る事ができるんですね。

 

 

これがいつも言っている軸足意識の

上半身のリードという動きとなりま

す。

 

 

まずはここを理解!!

 

 

 

そうすると・・・

ボトムから波のトップへ上がる瞬間の

後足の使い方を徹底的にやり込めば、

結構、簡単にできるようになるかと思

いますが。。。

 

スーパーストイックシステムではここ

を集中して練習していきます。

後足に加重がかかるボトムでの体勢

を徹底的に作りあげ、その体勢から

後足首を折り曲げながらレールを入

れていく動作を身体に染み込ませて

いきます。

 

 

足首を折るってヒザを曲げること?

 

よくこのような質問を頂きますが、

足首を折るとヒザを曲げるとは別で

考える方が望ましいかと思います。

 

 

ヒザを深く曲げたり、回すような動

きでは、根本となる足首の上下左右

の回転で行っていきます。

この後足首の柔らかさが、ヒザの柔

らかい動きへと連動していきます。

 

足首が柔らかい??

 

これは折り曲げる稼働範囲が大きい

ということです!!

 

 

今日の本質は。

 

 

バックサイドのボトムからトップへ

上がる時に、後ろ足首を折り曲げな

がらボードのテールを押さえ込むこ

とで加重がかかり、上半身も先行で

るように変わる。

 

 

つまり!!

 

 

波のトップへ上がりながらボトムを

見れないのであれば、後ろ足首を使

ったボードの押さえ方を練習しろ!

 

まずはここからです。。。

 

 

そうすることで、後足でレールを入

れながら波のトップへ上がる軸足ジ

ャンプを覚えることができるんです

ね。

 

 

 

ということで頑張っいきましょうーーー

 

 

 

FCS リーシュ・フリーダム

最新リーシュコードが入荷しました!

 

FCSから発売された絶対に切れない!!

このコンセプトがテーマ。。。

 

 

カラー4色 ¥4800+税 発売中

 

 

詳しいことはこちらでどうぞ・・・

 

 

ウェット通販サイト