カットバックはボトムから!!

今日も一連の流れスピードとパワーを出す為にやらなければいけないことの

続き→

外は寒いので熱くなる為の勉強会!

 

サーフィン講座となります。

 

 

サーフィンはスピードとパワーがす

べて!!

 

 

コレを求めるのであれば、あらゆる

ことを突き詰めていかなければいけ

ません…

 

 

という

リーズを元旦から書いておりまが

今日は実践編の応用となります!!

 

 

 

カットバックのスピードの付け方を

勉強していきましょう。

 

 

今日もディミティ・ストイルの写真

を使っていきますよ。

 

まずはスピードを付けたテイクオフ

から軸足コントロールで波のフェイ

スを走り抜けます。

 

 

走っていても常にポケットを意識し

ながら乗っていることで、ボトムに

降りるタイミングは常に頭の中で描

いています。

 

 

 

ボトムに降りると先にフェイスが丸

くなっていることを目視!!

 

板を押さえ込みながらレールを入れ

て波のトップへと加速をかけていき

ます。

 

両足で板をハサミ込むように押さえ

こんでいるからこそおもいっきり踏

み切ることができます。

 

これが軸足ジャンプです・・・

 

この動作がないとスピードを付けら

れず、波のトップですんなりと回転

できない為に、絶対に覚えること!!

波のトップへジャンプしながら後足

を折りたたんでいきます!!

 

 

後足が曲がっていないと棒立ちとなり

回転が上手くかけられません・・・

 

難易度は高いですよ。。。

 

 

そして折りたたみながら体重を乗せて

上半身をスープ側にひねるための動作

として右手と首を回していくのが重要

!!

この回転をかけるのはあくまでも

「効き足と効き手」の誘導!!

 

前足に囚われた瞬間にレールが噛

んでしまいます。

 

ここでも大切なことがあります。

 

前回にテイクオフでの立ちあがり

は前傾姿勢で立てと話したように、

カットバックに瞬間も体を後ろ側に

倒すようにすることで、ボードと9

0度の角度となりバランスが取れま

す。

 

 

 

波のトップで軸足に体重が乗らない

方はこの姿勢を練習!!

 

なんでもかんでも真っすぐ立とうと

するからバランスが崩れるというこ

と!!

 

難易度は高いポイントです。

左手を水面に入れながら効き足と効

き手を使って回転していきますよ!

 

効き手を遠心力に負けないように前

に出していくのが重要。

 

この動作が成功の秘訣。

 

前回、バックサイドの上がり方でも

お話しした動きと同じとなります!!

 

 

 

効き足と効き手の誘導ができているか

らこそ、体軸を保て左肩を上にあげる

ことができます。

 

 

 

カットバックで一番大事なことは、

ボトムからスピードを付けて、波の

トップでいかにコンパクトな体勢を

とりながら回転するというのがポイ

ントです。

 

 

その成功させるやり方は??

 

 

これが元旦から書いてあることなの

で、信じてやればいいんです・・・

 

 

というのが、ワタシの理論となりま

す。

 

 

なんでも基礎をおろそかにすると、

すぐに崩れてしまいます。

 

 

そこをしっかりとやりこめば、カッ

トバックもスケボーのように簡単に

できるようになっていきます。

 

 

 

頑張って突き詰めてくださいませ。

 

 

 

 

JSオーダフェアまもなく開催

期間限定 20本限り

 

1月27日から受付開始

 

 

★このチャンスをお見逃しなく★

ウェット通販サイト