立ち方の秘儀

今日はテイクオフのお話しです!

甘んじたテイクでは絶対に上達しませんよ!

続き→

ワタシの経験から言いますと、テイ

クオフを極められない人はそこそこ

のレベルで必ず止まってしまいます

 

なぜなら、テイクオフのスピードが

ないと波に左右されてしまいアベレ

ージが波しだいという結果になって

しまうものです・・・

 

どんな波でもスピードを付けて乗ら

ないことには技も上手く仕掛けられ

ませんよね。

 

 

そこで今日は上級テイクオフについ

て勉強してみましょう!!

 

 

速い波でのテイクオフは初速を付け

ながら立ち、さらに自分でスピード

を付けられる方法となりますので、

しっかりと頭に叩き込んで実践につ

なげてください。

 

 

それではいってみましょう。。。

まず速いブレイクでは板の向きを最

低でも斜め45度に向けて波のフェ

イスに右レールをかませながら立っ

ていきます。

 

この時に左手でレールを押しこみな

がら立つことで加速をかけることが

できます。

 

従って板を飛ばす為には普段手を付

く位置よりも左手を若干、前にづら

してください。

 

5㎝以上です・・・

 

これは鉄則!!

 

この技術は常に意識しながらやり込

まないと立つ瞬間に右レールが抜け

てしまい斜め下のボトムに降りてし

まうので、重点的に意識してくだ

い。

 

あくまでも左手で押し込みながら立

つことです!!

 

そして次に前足の置き方について大

事なポイントがあります。

 

板を押しこみながら立つためには、

早い足の置き方が求められます。

 

 

後足をデッキ部分にヒザを外側に向

けるように置いてから、前足のヒザ

も若干外側を向くように置いていき

ます。

 

 

前足はお腹の真下にヒザを通しな

がら立ってはいけません・・・

 

上の写真のように前足のヒザを外側

のレールに沿って腿に意識を持って

足を置いてくだい。

 

外側に開くこと最短距離で素早く足

を置けるんですね。

 

 

その形を取らないと、左手で押し込

んで走りだしているボードには飛び

乗ることはできませんよ!!

 

この飛び乗るとは。。。

 

 

これは以前にも話した、バイクの押

しがけのような感覚ですよ。

上の写真の赤線では頭の位置と腰の

位置が同じとなっていますが、前足

をお腹の下に通した場合、お尻が上

がり頭も下がってしまいます。

 

そうするとどうなるでしょうか??

 

頭が下がっていては目線はボードを

見ることになります・・・

 

つまり

下を向きながら立ってしまい波のフ

ェイスを見ることができません。

 

そしてボードを後足で素早くコント

ロールする動作が遅れてしまします。

 

 

さらにお尻が上に上がるということ

は、前のめりになっているために、

前足の加重だけで起き上がることし

かできません・・・

 

 

そうなると、ボトムに降りる時には

足加重のままとなり、起き上がるま

での時間が遅くなります。

 

 

そしてパーリングやボトムでふらつ

く原因ともなっていくんですね。

 

まずはここをできているのか見直し

です。。。

 

 

波は常に動いています・・・

 

 

 

そこで今日の本質はココから!!

 

 

下の写真をごらんください↓↓

素早く前足を置いた瞬間からの起き

上がる体勢となりますが・・・

 

前足を置いた時の体勢とまったく同

であるということです。

 

要は足を付いても低い姿勢を保つこ

とで加重をかけられるということで

す。

 

大抵の方は頭を反ってしまったり、

腰が引けて重心が後ろ側になってい

ます。

 

ここは自分で気がつけるのはなかな

か難しい部分ですが・・・

 

 

まずは前足を付いた瞬間の体勢を意

識することが最初の課題。

 

 

そして!!次です!!

前足を付いて起き上がるときに真上

に頭を向けながら立っている方が

なりいますが、前傾気味に立つこ

でスピードを上げていけます。

 

 

上の写真の赤線は板と90度の角度

となりますが、この角度内で起き上

がることが重要です。

 

前に走りだしているボードに合わせ

た角度で立たないと、重心が後ろ側

となり、知らないうちにブレーキを

かけているということです!!

 

 

前傾気味に立つことでより加重をか

けられスピードを上げていけます。

 

 

これには今日のタイトルの秘儀!!

 

前足を付いて起き上がる時には

 

「股関節を締め付けながら前傾姿勢で

立て」!!

 

 

そうすることで前足に加重がかかっ

ていても、後足意識で起き上がれる

ということです。

 

 

 

 

前足加重だけで起き上がってはNG!!

 

「テイクは後ろ足から!!」

 

でも、後足だけで立ってもNG!!

 

前足を踏みこんでから

 

「ヒザを締めながら立て!!」

 

※ここで姿勢が

お尻が後ろに出てしまってはまった

く無意味ですのでお気をつけくださ

い。 

 

 

 

そうすることで次の動作に繋がります

その立ち方ができたならば、ボトムに

降りた時には前傾姿勢軸足ジャンプを

取れる体勢になっているということで

す!!

 

 

この一連の動作はすべてつながってお

り、どれ一つ抜けていては、できない

モノとなる難易度が高いテイクオフと

なります。

 

 

 

最後にコンパクトにまとめたので、

もう一度大事なポイントを見てみまし

ょう

①素早く前足を置いたら頭を黒線に

合わせた真上に起き上がってはNG

 

※前傾姿勢を意識して立つこと!

 

 

 

②前足を置いたならば、股関節を締

めながら後足意識で起き上がれ!

 

※ヒザをしめながら立つことで後足

コントロールがすばやく行える

※お尻を後ろに出さないこと!!

 

 

③赤線の軸で前傾姿勢を保ちながら

立つこと!!

 

※加重が前方方向に乗る為にスピー

ドを上げられる

※あくまでも後足意識が大事!!

 

 

 

 

このようなことができてこそ、立っ

てから素早いレールワークを行える

ように変わり、スピードを上げてい

けます。 

 

 

 

結局はテイクオフが遅くてはどうに

もならないということが理解できる

のであれば、あとはやるのみとなり

ます。。。

 

 

次のブログで今日の話しを繋げてい

きます・・・

 

 

 

しっかりと実践してください!!

今日使った写真はディミティです!

 

パワフルのライディングは本当にカ

ッコいいですね。

 

彼女も絶賛しているのがMONSTA’6

反応とスピードがケタ違いと断言し

ています。

 

 

JSジャパンモデルオーダーフェア

開催

 

1月27日から受付開始

期間限定 20本限り

 

 

このチャンスをお見逃しなく!!

ウェット通販サイト