3秒静止のやり方

今日はボトムターンをするために最初の練習方法をご紹介します!

続き→

スーパーストイックシステムでは

深いボトムターンをするための練

習方法として「3秒静止」という

項目があります。

 

 

この3秒静止を練習することで自

然とターンが深くなっていくとい

うのが狙いです。

 

日はそこで!!

 

 

ボトムターンを練習中の方に向け

て書いてみたいと思いますので、

の3連休の方は海で実践してく

さいね。

 

 

それではいってみましょう!!

 

グ―フィーフッタ向けとなります。

 

まず上の写真では崩れてくるリップ

に合わせてボトムに降りたシチュエ

ーションとなります。

 

まずポイントは

軸足と頭がまっすぐの重心をとって

いることから、前足は軽く支えてい

ることが分かるかと思います。

 

加速をかける動作の前のリッラック

ス姿勢(軸足意識)となります。

 

まずはこの体勢を作る練習から!!

 

お尻が出てしまってはノーズが上が

り板を押さえきれていませんので注

意。

 

そして前の手を胸の位置までもって

いきます。

 

 

このニュートラル体勢を最初に作り

あげます!

 

「カウント:1」です。

次に

軸足の足首を内側に折りながら前足

のヒザを内側へ折っていきます。

 

ここは股間節をキュッと締め付ける

ように!!

 

そして次が肝心。

 

前の手のヒジがおへその前にくるよ

うに形作っていきます。

 

そのままの体勢を維持しながらリッ

プの崩れるタイミングを見計らいま

しょう!!

そしてリップに上がる前に、前に出

していた手を前足部分の水面までも

っていきます。

 

「カウント:2」です!!

そのまま

水面を掻き上げながリップへと上

がっていきます。

 

 

「カウント:3」です!!

 

 

前の手で水面を掻き上げることでヒ

ザも曲がっていきますので大事なポ

イントとなります。

 

カウント:2の写真とカウント:3

の後ろ足の曲がり方を比べれば一目

瞭然ですね。

 

 

 

このように1~3を心の中で唱えな

がら実戦していくと、ボトムでの深

いラインを取れるように変わってい

き、ターンも深く、より長くなって

いくという練習方法となります。

 

 

 

今日は少しだけですがターン練習法

をご紹介してみましたが、これはか

なり上達への道に繋がる大事な手法

となります・・・

 

 

 

是非とも試してみてくださいませ!

 

 

 

 

 

サリーのターンを見てイメトレです↓

ボトムターンを練習するには自分の

体重がMAXに乗るような体積が必要

になっていきます。

 

3秒静止からレールを深く入れるに

はとても大事なポイントとなります

ので自分に見合うボードをチョイス

してください。

いよいよ

JSオーダフェア開催します!!

 

期間限定 20本限り

 

1月27日~2月末まで

 

 

★このチャンスをお見逃しなく★