今日の練習会

秋晴れが続いていますが、気温は大分下がってきましたね・・・

紅葉の季節

かな??

今日の練習会ではバックサイドを

り込んでいただきましたが、実

際には、どのような練習をすれば

いいのか??

 

前回のブログでご紹介した

「スケボーでバックサイドの特訓」

 

この形を左脳を使って言語化してい

きながら理論を落とし込み、右脳で

イメージを作りあげていきます。

 

 

 

この方法は

難しいサーフィンを練習していくの

に、脳のバランスが非常に良く保た

れた効率の良い練習方法となります

。。。

 

 

今日は実践編としてまずは右脳でイ

メトレしていきながら、左脳で理論

を落とし込んで勉強してみましょう

!!

 

 

 

 

 

 

バックサイドのイメトレ!!

さっそくいってみましょう!!

 

崩れてくるリップのタイミングに合

わせながらボトムでの体勢を作り上

げることを重視します。

 

なぜなら・・・

より素早く波のトップ上る為に必要

な動きだからです。

 

そして

後足の足首をめいいっぱい折り曲げ

るように内側に倒しこむことで、テ

ルを深く沈めることができ、軸足

ードへと変わっていけます。

 

 

レールがひっかかってしまうのは、

足意識が強いのが原因です!!

 

後足首を内側に折る練習から初めて

ください!!

 

 

 

テールを後足で回しこむようにエッ

を水面に入れて、右手を前に出し

ながら左肩を上に引っ張り上げるこ

とを意識していきます。

ボードが上にあがり出したら左肩を

ボトムに向けるように回転させ、頭

に向けていきます。

 

トップに上った時には首を下側に折

った状態にしなければ、間に合わな

いので、これを素早くやらなければ

いけません・・・

 

ここは難易度が高い為に、陸トレが

必要な部分ですね。

 

背負い投げをするように体を下に倒

し込み、後足と右手でバランスを取

りながらボードを前足で踏みつける

準備をしていきます。

 

板と身体が離れてしまう方は、すべ

て後足で押さえきれていないからで

すよ。

 

 

 

 

着地と同時に前足を踏みこんでいく

ことでブレなくなります。

 

 

前足は折りたたんで踏む!!

 

この定義に当てはめると、ほとんど

前足は使っていないような感覚とな

ります。

 

 

このように

イメージしながら知識を得ていくこ

とが、左脳と右脳をバランスよく使

っていけます。

 

 

スーパーストイックシステムはこの

ように練習していきます!!

 

 

 

それでは今日の練習会模様をお伝え

しましょう。

今日の天候は晴れ。

風は緩めのオフショア…

 

波のサイズはハラ~セットムネ。

 

レフトの切れた波は1~2アクショ

ン入れられる、なかなかのコンディ

ション。

 

 

さっそっく

バックサイドの練習開始です!!

 

まずはボトムの体勢をストイックシ

ステムのプログラムどうりの形を意

識していきます。

 

 

下半身、上半身ともに意識すること

がたくさんあります!!

 

 

 

意識だけではそう簡単にはできない

為に、陸トレとスケボーを使いなが

ら、何度も何度も練習していくこと

で、やっと実践での効果を上げてい

けるようになります。

 

 

 

次に

板を返せるようになっても、角度や

スプレーの量を上げていく為にさら

に既定の動きを突き詰めていきます

 

客観視を繰り返しながら、自分の動

きに足りない部分を見つけ出し、明

確となるその部分を迷いなく練習す

ることで確実に成果を上げていける

ようになります。

 

 

 

この作業を半年間繰り返し行いなが

ら続けていけば、必ず上達していき

ます!!

 

 

みなさん

かなりの成果を上げることができま

したね!!

 

 

まだまだ続く厳しい道のり…

終わりなきサーフィンをとことん突

き詰めていきましょう。 

 

本日も長丁場の練習、大変お疲れさ

までした。

 

 

あとは、ヤルだけです!!

 

 

スーパーストイックシステムとは、

本気で上達を考えている人に向けた

本格プログラムとなっているために、

興味半分での参加では絶対について

これないモノとなっています。

 

 

自分としっかりと向き合えるメンタ

ルが必要となります。

 

 

 

「自分への挑戦です!!」 

 

 

 

 

2018年

スーパーストイックシステム募集

11月26日まで!!

 

 

詳細はショップにてお聞きください。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    k.s (土曜日, 18 11月 2017 23:12)

    Insist surfさんのブログを読んで量販店の物ではありますがモンスタ6に乗り換えました。見た瞬間、テールロッカーがすごくてブログに書いてある軸足ジャンプのイメージが繋がった気がしました。海に出てフロントサイドでボードの半分くらいまで出して垂直リップできました。軸足ジャンプはテールロッカーがある、またはテールが沈みやすい細いテールやスワローテールのボードが向いているという解釈でよろしいでしょうか?量販店のモンスタ6に慣れたら、Insistさんのチューンボードを乗りたいと考えています。

  • #2

    店長 (火曜日, 21 11月 2017 16:43)

    カスタムの板に乗ると一気に上達できるようになります。自分に見合う動きをボードがしてくれますし、難しい動きのボードでもその動きに合わせて乗りこなそうということで、本来の自分の壁を越えていくものです。

ウェット通販サイト