リップにかけた執念Ⅱ

ライバルを倒す為には鋭いリッピングを極めるしかない

!!そう

心に決めた出来事。

続き→

前回の続きとなります。

 

 

 

 

 

学校での出来事。。。

 

 

 

お昼休みに一人の女の子に呼び出さ

れた。

 

その女の子は学校いち可愛いと言わ

れるマドンナであった。。。

 

 

私はいったい何の用かとおもいなが

ら廊下に出てみると

 

 

「来月サーフィンの大会に出るんだ

って!?」

 

「ワタシ、見に行ってもいい??」

 

 

 

そう口走り顔を赤らめ走り去って

いった。

 

 

 

私もひそかに憧れていたこともあり

有頂天になって喜んだ。

 

 

「わざわざ見に来るってことは、つ

まり・・・」

 

 

あらゆる想像を頭の中で思い浮かべ

た。

 

 

どう考えてもこの流れ的に、自分に

があるとしか思えない。

 

 

授業中も考えるだけで二ヤけてしま

い、隣の席の子に気持ち悪がられた

 

 

「よし!決めた!」

 

「大会であいつをやっつけてその

勢いでマドンナに告白しよう!」

 

「この流れはそういうことだ!」

 

「あー、なんて人生バラ色なんだろ

う」

 

 

毎日そのことばかり考え完全に浮

かれてしまった。。。

 

 

 

 

 

 

そして、それから1ケ月後。。。

 

 

 

ついに大会の日が訪れた。

 

 

 

 

 

ヒートを見ると、お互い順調に勝ち

上がれば決勝であいつと大戦するこ

とがわかった。

 

 

そして表彰台の上でマドンにナに告

白。

 

 

自分の中で完璧な妄想が出来上がっ

ていた。

 

 

なんてドラマチックな展開。。。

 

 

 

 

そうこうしているうちに試合が始ま

た。

 

 

1回戦、2回戦とお互い順調に勝ち上

がり、ついに決勝戦であいつと戦う

こととなった。

 

ここまでは完璧なシチュエーション。

まったくの想像どうりの展開。

 

「よし!やってやる!」

 

 

 

ついに決勝戦となった。。。

 

 

 

波のサイズは肩くらいあり、2年前

と同じようなコンディション。

 

 

さすがにあいつはこのポイントで育

ったこともあり

 

 

どのポジションにいればいいセット

が来て、どの波に乗れば点数をだせ

るのか?

 

すべて知り尽くしていた。

 

 

序盤から飛ばして点数をどんどん上

げているあいつ。

 

 

 

私は大会に出るのは2回目だったこ

ともあり、緊張し過ぎて自分のペ

ースで波に乗れない。

 

 

焦る思いからへんな波ばかりに手を

出してしまい、悪循環に陥ってしま

った。

 

 

だが、一本だけ良い点数がついてい

たことで、あと一本決めれば逆転で

状態でもあった。。。

 

 

 

 

「やばい・・・もう時間がない」

 

 

そんな中、いかにもいい波であろう

というセットが私の目の前に押し寄

せてきた。

 

 

 

 

「いける!!」

 

 

テイクから一気にホレあがる波だっ

たが、2年前とは大違い。

 

プロから学んだテイクで鮮やかに立

ちボトムからリップ目がけて戒心の

一撃。

 

 

インサイドまでしっかりマニューバ

ーを組み立て乗り継いだ。

 

 

 

そして同時に終了のフォーンが鳴り

期待に胸を膨らませた。

 

 

 

「今のライディングでイケる!!」

 

 

半信半疑で砂浜にあがると、なんと

マドンナがタオルを持って近づいて

きた。

 

 

 

「すごかったね!!ハイ!これ」

 

私にタオルを渡してくれた。

 

 

「ありがとう!!」

 

私は満面の笑みで受け取った。

 

 

 

「イケるぞ!!」

 

 

 

ここまですべて順調にきているので

まさにこの場面はクライマックス。

 

 

私はマドンナに「あのさぁ・・・」

そう言いかけると。。。

 

 

あいつも海から上がってき私のタ

オルを貸してとばかりに取りはらっ

た。

 

 

 

そして、マドンナを見て

 

「オレ、どうだった??」

 

マドンナは

「うん。カッコ良かったーー」

 

その表情は私には見せたことのない

キラキラした笑顔だった。

 

 

「こいつおれの彼女」

 

 

私にそう言った。

 

 

 

「え”っーー」

 

 

私は二度目の絶望感を味わった・・・

 

 

そして、大会の結果発表。

 

表彰台はあいつ・・・

私は2位となった。

 

 

 

その後は、なにがあったのかはまっ

たく覚えておらず、気が付いたら家

に帰って、へそでお茶を沸かしてい

た。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日。

 

 

学校であいつが近寄ってきて

 

「昨日、惜しかったね!!」

「でもよくがんばったよ!」

 

そう言ってきた。

 

 

 

私は

「リッピングならオレの方が上手い

よ!」

 

そう言ってやった。

 

 

 

するとあいつは

「ジャッジも言っていたけど、おま

えのヒザはイチミクロンも曲がって

ないよ(笑)」

 

私を見ながら笑った。

 

 

 

 

 

私は神に誓った。

 

こいつと比べモノにならないくらい

サーフィンを極めてやると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから3年が経った。。。

 

高校卒業後

あいつとはまったく連絡もとらなく

なり、どうしているのかさえもわか

らない日々が続いた

 

 

 

 

 

私はバリやオーストラリアで死ぬほ

どリッピングの練習を重ねた。

 

当時ケリースレータがサーフィン界

に出現し、テールスライドやフィン

抜きなどを披露して旋風を巻き起こ

していた時代。

 

 

私はコレを覚えればあいつに勝てる

と確信していた為に必死で練習しま

くった

 

 

 

 

そんなある日、とある人物が私にこ

う言ってきた。

 

「サーフィンの聖地はやっぱりハワイ

でしょ!!」

 

「バンザイパイプラインに乗ってなん

ぼじゃない!」

 

 

この言葉が耳に残り、私は迷わずハワ

イへ向かった。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

初めてのハワイ!

 

さっそくノースへ向かった。

 

 

本場はやはり凄い!!

 

10フィートもあろうかという波に

普通に波に乗ってみんなが楽しんで

いる光景。

 

 

私は砂浜にたたずみ、ただ波を見て

ボ―ッとしていた。

 

 

すると「Hey !  Body ! 」

 

誰かが声をかけてきた。

 

 

 

後ろを振り返ってみたらビックリ!

 

 

 

「どうしたんだよ!!」

「こんなところで会うなんて」

 

 

笑いながら

そう言ったのはあいつだった。

 

 

 

私は信じられなかった…

 

こんなところであいつに遭遇するな

んて。

 

 

 

よく聞いてみると、高校卒業後に

留学でハワイに来て、そのまま住

みついたそうだ。

 

さすがにお金持ちは違う。

 

 

いろんな話しで盛り上がり、滞在中

はあいつと過ごすことになった。

 

 

あいつはガイドの仕事をやっていた

ので何所に行っても顔が利く。

 

 

マイナーな波が良いポイントへも連

れていってくれた。

 

 

 

ハワイでは肩くらいの波ではフラッ

トの感覚。

 

 

私は覚えたフィン抜きをあいつに見

せつけてやった!

 

 

 

あいつは目を丸くした。

 

 

心の中で「ついに勝ったぞ!!」

 

つぶやいた・・・

 

 

潮が上げてくると波のサイズはど

どん大きくなり、あっという間

に8フィートくらいになってしま

った。

 

 

今までの景色とは全く違う異様な

空間・・・

 

 

私は未知の世界だったので、怖く

テイクもできない状態になって

固まってしまった。

 

 

 

するとあいつは地平線が見えなく

るような巨大の壁の波にテイ

した。

 

 

ライトの波をボトムから合わせて、

スタンディングチューブイン。

 

おまけに両手を後ろに組み、満面

の笑みだった・・・

 

 

なんだ、この絶望感は??

 

さっきまで勝ち誇っていた自分は

こに行ったんであろうか??

 

 

 

 

私はこの先どうすれば良いのか自

の道を失ったような気持ちだっ

た…

 

 

「確実に負けた。。。」

 

 

 

 

 

そしてこのハワイの苦い旅も終りが

近づき、あいつは空港まで送ってく

れた。

 

 

「いろいろありがとう。また苦い思

い出になったけどね・・・」

 

 

私は笑いながらそう告げた。

 

 

するとあいつは

 

 

「俺はおまえがいなかったらサーフ

ィンを続けていなかったと思う。

本当の親友だと想っている。おまえ

に出会えて本当に良かった。」

 

 

「See you , bady ! 」

 

 

 

そう言って車に乗り、去っていった。

 

 

 

 

 

 

 

私は何故か飛行機の中で泣いた。

 

 

 

 

 

その涙は悔し涙ではなく、心の霧が

スーッと晴れたような気持ちだった。

 

 

なんであいつともっと仲良く楽しく

サーフィンしなかったんだろう・・・

 

なんで勝ち負けだけにこだわってし

まったんだろうか。

 

あいつは自分が持っていないモノ

すべて持っているような錯覚を

いた。

 

 

それは単なる「ヒガミ」だけだっ

とにやっと気がついた。

 

 

昔、お寺のお坊さんが

 

 

「不幸とは人と比べた時から舞い込

むものだ」

 

そんな話を思い出した・・・

 

 

自分は自分の楽しい道を進もう。

 

 

そう思った瞬間、心に虹がかかっ

た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P.S

それからというもの、ハワイに行っ

た時はいつもあいつとサーフィンを

楽しんでいる。

 

 

 

しかし、

 

 

オレの方が上手いだろ(笑)

 

 

心の中でそう呟いてる・・・

 

 

 

 

 

 

 

最後に・・・

 

 

自分の大好きなサーフィンを通して

知り合う人は、一生の友達になるこ

とが多い。

 

 

それは心の奥深い場所に眠るモノが

リンクしあって引きよせられている

のであろう。

 

 

そして、これからも

そんな人達に囲まれながらサーフィ

ンできることを本当に幸なことだと

思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    クロンボ、ロンボク (金曜日, 26 8月 2016 18:26)

    メッチャいい話と言うかサーフィン漫画が在るならこのパターンで決まり!毎日若いローカル達に負けてメゲそうな親父デスが、、何時か勝てるよ〜頑張ります!俺の場合何時も嫁の前で負けっぱなしですけどネ〜www

  • #2

    店長 (木曜日, 01 9月 2016 19:10)

    自分に打ち勝てるように頑張ってくださいませ。奥様にも勝てますように(笑)

ウェット通販サイト