先を見た次は??

視線を先に見ること!!

そのお話の続きを書いてみたいと思います。。。

続き→

技を完成させるためには常に一歩先

を見ることが大事です。

 

 

車でスピードを付けてカーブを曲が

うとするならば、出口を見ながら

ンドルを切るのと同じです。

 

 

ガードレールを見ていたら、そこに

突っ込んでしまいますよね・・・

 

 

サーフィンでも全く同じように、着

地場所をしっかりと見ることで技を

成功に導けます。

 

 

前回のブログでは先を見るためには

どうしたら良いのか??

 

このお話しをいたしましたが、今日

その中の一つに挙げた例として、

軸足と上半身のリードの使い方をマ

スターするということについて解説

してみます。

 

 

 

 

まずは下の写真をご覧ください★

これは誰でも憧れるオフザトップで

すね!!

 

波が崩れる前に板を返すという難易

度の高い技です。

 

上の写真では板を返し終わった状態

ですが、視線は何処を見ていますで

しょうか?

 

アゴを引いた状態で目線はボトムを向

いていますね。

 

 

このことから言えることは。

 

視線を先に向けてから上半身をひね

っていく順番となります。

 

 

この順番を間違えると必ず転んでし

まいますのでしっかり暗記してくだ

さい。。。

 

 

 

 

 

サーフィンをアグレッシブにする為

には、スピードについて行ける上半

身の動きを作っていかなければいけ

ません。

 

 

上の写真のように必ず板を返し終わ

った時は、前足太ももが胸に付くよ

うな体勢を取っています。

 

 

これは板の引きつけと言って、覚え

なければいけない動作となります。

 

 

 

この形を作る為にはどうするのか??

 

 

 

スーパーストイックシステムでは段

階において一個ずつ作り上げていき

ます。

 

 

 

先を見る為には、首の筋肉を使う必

要があります。

 

 

この筋肉は普段の生活の中ではなか

なか使わない為に、ある程度の訓練

が必要になっていきます。

 

 

 

この重大さに気付き、しっかりとト

レーニングしなければ、いくら上の

写真の形をやろうとしても、そう簡

単にはできないものです。。。

 

 

 

意味がない。。。

 

そう思った時点で終わりです・・・

 

 

 

しっかりとトレーニングしてくださ

いね。

 

 

 

 

JSライダーのダスティペインです。

前足太ももと上半身がくっついてい

ますね!!

 

 

スーピードをつけてサーフィンする

為には、その技術を極め、そしてそ

の技術を最大に引き出せるボードが

必要となります。

 

 

このバランスを取ることで、どんど

ん上達していけます。

 

 

スーパーストイックのゆるぎない方

針ともなっていますが、プロ世界で

は当たり前のことです。

 

一流選手は一流の道具を使います。

 

 

自分は一流にはなれないと決めつけ

ている時点で、マイナスの方向に向

かっていき、上達は遅くなるばかり

です。

 

 

 

ストイックシステムではいつでもプ

ラスの方向に向かってサーフィンを

練習していきます。

 

 

二元性の法則では選択を自由にでき

ます。。。

 

 

この話はまた次回!!

 

 

 

JSオーダーフェア―開催中

 

【今月21日】で終了となります!!

 

残りわずか。。。

 

 

このチャンスをお見逃しなく★

 

 

ウェット通販サイト