左肩を動かす為には

今日は文化の日でお休

みの方も多いですね!        

イイ波乗って楽しんで

くださいね

お店の電話故障中(笑)

前回まではヒザの曲げ方に焦点を当

ててみましたが、今日は上半身の動

かし方を書いて見たいと思います。

 

 

私はよく、サーフィンの基本は


「軸足意識で上半身のリード」


 

このように伝えておりますが、理解

できるのは、できて初めてなるほど

・・・

 

そう、思えるものです。。。

 

 

 

しかし、

 


スーパーストイックシステムでは、

最短で上達していくというのが理念

なので、やれるまでやり込め!!

 

このようにブログも書いていきたい

とおもっています。

 

 

 

 

 

そこで今日はレギュラースタンスで

ライトの波に乗っている時の左肩を

動かすという大切なことを書いて見

たいとおもいます。

 

 

 

みなさんは

通常ライトブレイクの波に乗ってい

る時に、左肩をどのように動かし

いるでしょうか??

 

 

波にフェイスに合わせて


前へ前へ、という感じで前足の動き

合わせて左肩を動かしていること

でしょう・・・

 

 

この動きは間違いではありません。

 

 

 

しかし、急に波のフェイスが厚くな

ってしまった時、カットバックして

戻ろうとしてもレールが波のフェイ

スに噛んでしまい転んでしまうこと

があると思います。

 

 

 

その原因はなんでしょうか??

 

 

それは

左肩と前足加重に意識を取られすぎ

て、急な反転反応に遅れてしまいレ

ールがフェイスに噛んでしまうこと

が最大の原因です。

 

 

もっと簡単に言えば、左肩が反対側

に向けず、前足でボードをコントロ

ールしようとするからなんです。

 

 

 

ここを完全に理解してください!!

 

 

 

 

それでは、この対処法について説明

してみたいとおもいます。

 

 

 

波のトップに上がった時点で軸足で

ボードを押さえるように持っていき

ます。

 

 

そして、右手を前に出しながら体を

反対側にひねっていきます。

 

 

ここまではそんなに難しくないかと

思われますが、ここからが非常に大

切な動きとなりますので、しっかり

読んでくださいね。

 

 

 

 

左肩を反対に開くように引っ張り上

げていきますが、これが至難の技で

す。

 

 

そこで、視線を持っていく為に首の

筋肉を使い後ろを見るというのが必

要になっていきます。


 

 

 

下の連写の首の動かし方をよーくご

覧ください。

右手のリードで回りだしてから、首

がスープ側に入ります。


つまり「見る」ということです!!



そして左肩を波のフェイス側に引っ

張り上げる形をつくります。




要するに左肩を使うことができるよ

うになるためには、最初に首を使っ

て「見る」というのが先に覚える順

番です。



これが左肩を開く1個手前の法則と

なります。




いかがでしょうか??




伝わってくれたら嬉しいです。




最後に違う角度から首の動きを見て

実践してみてください!!


2016年

スーパーストイックシステムの募集

がいよいよ開始いたします。



ストイックに自分を追い込んで挑戦

してみてください。



ベーシーックコースとは、サーフィ

ンの基本となるテイクオフ。


正しい立ち方。


スーピードを付けるアップスン。



この三つをマスターしていきます。




たかがテイクオフと言っても、と

ても奥が深くて難しいのです。


上級者のようなパドルをあまりし

ないでも波に乗れるには秘密があ

ります。。。



その秘密を1個1個ものにしてい

く気持ちでやりこんでいただける

方をお待ちしております。



このチャンスをお見逃しなく☆

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    D (水曜日, 04 11月 2015 06:00)

    店長、ブログありがとうございます!!

    今まで、1ミクロンも首を使えてないことがよく分かりました!!

    課題がはっきりしたので、やとはやり込みます!!
    これからもご指導よろしくお願いします!!

  • #2

    店長 (水曜日, 04 11月 2015 18:35)

    すべては気づきから始まると思います。そしてその気づきをやり込むことで必ずできるようになります。
    課題以外はやらない位の気持ちで練習することが上達を速めていきます
    。頑張って下さいね!!

ウェット通販サイト