波のトップのエグリ方

完全な秋への入り口に

なったような感じがしてきましたね・・・

淋しいやら

嬉しいやら

続き→

昨日に引き続きまして、スラッシ

ュバックのお話しです。



昨日のブログでは仕掛ける前提は

ボトムから始まることをお伝え致

しましたが、今日は波のトップに

上がってからの軸足の使い方につ

いて解説してみたいとおもいます




まず、上半身の使い方はこちらで


「トップターンの改善」



波のトップに上がったなら、軸足

を使って力いっぱいテールを蹴り

込むことでスプレーを上げること

ができます。


この動作を「エグル」と言い、サ

ーフィンには欠かせないものとな

ります。




この軸足を使ったエグリ方を今日

は解説したいとおもいます。



まずは下の写真の軸足の倒し方を

ご覧下さい。

ヒザを内側に倒しこむようにテー

ルを蹴ってスプレーを上げていま

すね。



このヒザの倒し方をイメージして

下さい。


ヒザとボードがくっつくくらいの

感じで倒していきます。



ここで一番大事なポイントは

デッキパッドと足の裏が離れない

ように心がけてください。


軸足の親指側面だけでテールを押

さえるだけでは加重がかからなく

なってしまいます。



しっかりと軸足の親指に力を入れ

て足首を使ってヒザを倒しこむの

が、力強いスプレーを上げていけ

ます。




上の連写では軸足のヒザとボード

がつきそうなくらいヒザを倒しこ

んでいます。



この形を常に意識しながらトライ

していくことが成功につながって

いきます。





スーパーストイックシステムのプ

ログラムでは、テイクオフをして

から直ぐに軸足の親指に力を入れ

て立ち上がるという流れになって

います。



つまり、この初歩の段階で軸足の

親指に力を入れながら波に乗るこ

とで、ヒザの倒し方なども同時に

学んでいることにつながっていき

ます。



つまり、軸足の親指に力を常に入

れなくてはサーフィンレベルがあ

がらないということです。





無意識に親指に力が入るトレーニ

ングは、スケボーをやるだけでク

セになってきます。



しっかりと親指に力を入れる練習

をしてくださいね。




波のトップに上がったなら、上半

身のリードを先に行うために右手

のリード、左肩の開き。



そして軸足のエグリの順番です!



この順番を体で覚えさせて練習し

てください。


波のトップに上がってからの連動


「今日のご飯は焼き飯です」



習得してくださいね。