カットバックのタメとは?Q&A

 カットバックをやるにあたって

、波の状況

で左右される方も多いいのではないでしょうか?続き→

今年1発目の質問回答です!!

 

 

明けましておめでとうございます。

いつもブログを楽しく拝見させてい

ただいております。

 

カットバックについてご質問があり

ます。自分は波が良くてスピードに

乗った時には、上手く回れるのです

が、力が無い波ではなかなか上手く

できません。

 

以前のブログカットバックのライン

では手前から仕掛けると書いてあり

ましたが、この手前からの意味をも

う少し詳しく知りたいのですがよろ

しくお願いします。30代男性Y様

 

 

 

 

 

 


Y様。いつも読んでくれてありがと

ございますm(_ _)m

本年もよろしくお願いします

 

 

 

サーフィンの技はスピードが命です!

 

スピードさえ付いてしまえばある程

度の技はできてしまいます。

 

その、スピードを殺さない為にも、

一歩手前からしかけていく余裕を作

らなければいけません。

 

この一歩手前の余裕というのは、違

う視点から言うと、スピードを出す

ための「タメ」という表現があり

す。

 

 

では「タメ」とはなんでしょうか。

 

 

 

今日はこの視点から解説したいとお

もいます。

 

 

 

 

まず、例を上げてみましょう!

 

 

その場でおもいっきりジャンプして

ください!と言われれば、どうしま

すか??

 

 

ヒザを曲げてしゃがみますよね。

 

それから、高く飛ぼうと手を振り上

げながら上半身を使い地面を蹴りあ

げるとおもいます。

 

 

サーフィンも同じことです。

 

 

 

スピードを出す準備として、技に入

る前にジャンプするような大勢を作

ります。

 

 

その準備にかける動きを「タメ」と

呼んでいます。

 

 

 

 

この「タメ」を練習することで、ス

ピードを殺さずに技をしかけにいく

とが、とても大切な動きになって

いきます。




この、「タメ」を作る為にも、手前

からの準備という表現をしています。




それでは、連写を使って「タメ」を

見抜いていきましょう!

 

 

 

まず、「カットバックのライン」

ブログでも使用した連写をご覧

ださい。

 

この連写の動きを見て、どこで

「タメ」を作っているのかを見抜

ていください!

 

こういう見方をすることで洞察力

上がって行きます。

 

 

 

どうですか?

見抜けましたでしょうか。

 

 

 

 

 

 

正解はちょっと途切れていますが、

ボトムに降りる瞬間の体勢をよく

見てみましょう。

 

手を上げているサーファーの辺り

をしっかりと見て、レールを入れ

準備をしているのがわかります

か?

 

ボトムからしかけていこうと、上

半身を低くする瞬間です。

 

 

 

そして、一気にレールを入れて加

速をかけていきます。

 

 

 

 

この瞬間が「タメ」です!!

 

 

 

では、もう一度連写をご覧くださ

い。

 

 

 

この「タメ」を意識することで、

自然にボトムに降りていきます。

 

 

カットバックを仕掛けるのであれ

ば、一歩手前から!!

 

ボトムから仕掛けるという意味が

このとです。

 

連写では「タメ」=「停止」する

動き見抜くことは難しいですが

、仕掛ける前の「一呼吸」するよ

うな感じでまずはやってみてくだ

さい。

 

 

その、一呼吸がボトムでの瞬間的

停止」を作り上げます。

 

その動きが、次へのスピードに変

っていけるんです。 

 

 

 

そして

さらに必要なことは、事前に波が

厚くなることも予測していく判断

技術も必要になっていきます。

 

 

このようなイメージをしながら練

習をしてみてくださいね!!

 

 

 

 

 

 

 


スーパーストイックシステムのベー

ックコースのプログラムの中には

この「タメ」という項目がありま

す。

 

 

アップスンしながらボトムで「タメ」

を作る練習をしていくことで、レー

を抜いたアップスンを習得してい

きます。

 

 

この動きをマスターするだけで、技

入る前の「必要な動き」すなわち

「タメ」を自然に覚えられ、いとも

単に、技を仕掛けられるようなス

ピードに変わっていきます。

 

 

そして、さらに噛み砕いて、このタ

の動きを作る為には??

 

 

 

そう考えられたプログラムが、ボー

の押さえ方や、力の抜き方を作り

上げて、基本の動きを極めていくの

がスーパーストイックシステムとな

ります。