振り子の原理とは??

バックサイドでの板を縦に上げたい人に向けて書いてみましたので・・

続き→

バックハンドで板を垂直に上げ、

ンを見せながら、ボード

扇のように回転させ、花火のよ

うなスプレーをき散らす・・・

 



こんなサーフィンが理想だとお

もいます。

 

 



いろいろなサーフィン上達のた

めに書かれている本や雑誌がた

くさんある中で、バックハンド

の上がり方は



「両手を振り子のように使いま

しょう!!」

 

こんな風に書いてあるのがほと

んどだとおもいます。。。



 

たしかに両手を使って、振り子

のように回すのすが、これは

できるようになって初めて


「なるほど・・・」


理解できるものです。

 


ストイックコースでは、すべて

を徹底的に突き詰めていくので、

振り子のように手を使うために

はどうすればいいのか?



 

こんな風にプログラムが構成さ

れています。



 

そこで、今日はバックハンドの

アームアクションをいかに簡単

にできるかを書いてみたいとお

もいます。

 

 

 

 

 

 

 

当店のバックサイドの講座では、



「前の手をおもいっきり前に出

すこと!」


こう書いてあるとおもいます。



上の写真の前の手の位置に注目して

ださい。

 


みなさんのイメージではこれくらい

きているとお思いでしょうが、実

際にマネしてみてください。

 

自分がいつも意識している前の手の

置と同じですか??



上の写真は肘がおへその前くらいま

前に出しています。



 

この肘の位置がかなり重要なポイン

なんです。


肘がおへそより前にくればくるほど、

上半身がひねった状態を作れますの

で、トップに上がる角度やスピード

がぜんぜん変わっていきます。


 

この前の手の出し方を最初に意識し

覚えてしまえば、後ろの肩も自然

に上に上げれるようになっていきま

す。

 


この二つの手の上げ方を振り子の原

と言われています。

 



ストイックコースではさらに首の使

方や下半身の使い方などを突き

めていきます。

 



サーフィンはそれくらい突き詰めて

らなければ、写真のような当て方

は絶対にできないことを知って欲し

いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、波のトップでの体勢はヒザ

折りたたまなければ体重が全部乗

りません。

 

フロントのリップアクションでも前

の引きつけは胸に近づけると言っ

ていますが、バックハンドの前足の

引きつけも同じです。


 

前足のモモを胸に付ける意識で折り

たむことで、板は垂直に上がって

いきます。

 

 

さらに扇のようにボードを回転させ

為に、着地地点を真下より内側に

視点をおきます。



そしてまた、前の手をへその位置

でもってくることにより、身体がひ

ねり、スプレーも大きく出るように

なります。

 

 

 

 

 

 

上の連写でボードを返し終わった

時の右手はへその位置にあるのを

よくみてくださいね!

 

 

ここで

「振り子の原理」をまとめますと、


トップに上がる時は左手をおへそ

の位置。


板を返す時には右手をおへその位

置。

 

これを連動することで振り子の動

きができてしまいます。

 

 

 

 

 

当店に来ていただいてるお客様の

中でグーフィースタンスの方がか

なりおられます。



そんな方達の要望で両方のやりか

たを上手く使い分けて説明してい

きたいとおもいます。。。

 




今回の解説はレギュラーの方は逆

で考てみてくださいね!!



スーパーストイックシステムテム

へのたくさんのお問い合わせ誠に

ありがとうございます。




ご質問の中で

「どんな種類のボードが良いのか」


このご質問にお答え致します。



スーパーストイックはプログラム

に見合ったボードに乗って練習す

ることで最速に上達できるシステ

ムとなっております。



体重の割に浮力があり過ぎてしま

ったり、レールが厚い形状などで

は、素早いアップスンなどはでき

ません。



そういった細かいことを調整した

自分に見合う一歩上のボードで練

習することが、上達スピードを上

げていけるんです。



「ボードはなんでもいい」そうい

った考えの方は入会をお断りいた

しております。



ボード選びもストイックな人をお

待ち申し上げております。




ウェット通販サイト