深いターンの定義

ボトムターンを練習している方に、是非、知ってほしいことがあります。

続き→

台風15号の反応がよくなってきまし

たね☆明日にかけてもう少しよくなる

みたいです!

 

波のサイズがムネくらいあればスピー

ドを出せるので、しかりボトムを意識

したラインを練習してみてください。

 

そこで、今日はボトムターンをやって

みて、「深い」と人に思われる定義を

書いてみたいとおもいます。

 

まず、「ターンが深い」とはいったい

どういうことなんでしょうか??

今日はここを掘り下げます。

 

 

 

 

まず、テイクオフしてから上の写真の

ようにボトムに降りていきます。

 

「深いターン」とはどれだけ波から離

れるか??

 

これがライン取りの視点からいうもの

です。波から離れれば離れる程、失速

してしまうので、難易度はあがってい

きます。

 

 

 

 

上の写真でみるとわかりやすいとお

いますが、波から離れるというの

は、盛り上がっていない、「フラッ

ト」の場所まで降りていくというこ

とです。

 

これがライン取りの視点でいう、

トムターンの深さになります。

 

 

次に波から離れれば、また、フェイス

に戻らなければいけません。。。

 

そこで、はじめてレールを最大限に波

に喰い込ませてドライブ(加速)をかけ

ていきます。

 

この、レールを入れれば入れるだけボ

ードが横向きになるので、この、ボー

ドを深く寝かせるという意味でも、深

いターンということになります。

 

つまり「深いボトムターン」とは??

 

「どれだけ波から離れて、レールを深

入れられるか!!」

 

と言うのが定義になっています。

 

 

 

 

 

 

 

さて、ボトムターンのやり方は、テク

ニック講座で勉強していただくとして、


実際、やってみたものの、ターンが深

いのかどうか自分では分からないとい

う方に、判断基準をお知らせします。


上の写真のボードのフィンをよくご覧

ください。

水しぶきでわかりにくいですが、フィ

ンが何本見えますか??

 

「んーー見えないです・・・」

 

ごめんなさい。見えません。

 

しかし、通常、大会では、ジャッジ

の方は必ずフィンを見ています!!


「二本見えているか??」

これを必ず見ています。

 

なぜかお分かりになりますか??

 

そうです!!

 

板を寝かせた判断基準として見ている

んです。

フィンが1本見えるのと2本見えるの

では、ボードの寝かした角度が違うか

らなんです。

 

 

と、言うことは、乗り手は逆にフィン

1本でターンをする気持ちで練習すれ

ばいいということです。

 

これが、深いターンをできているのか

の、判断基準となります。

 

こういう練習を一人でやっていても、

他者の意見を聞かない限り、自分では

まったく分からないものです。

 

 

 

ストイックコースでは、一人の練習で

の「限界」を作る意味はなんでしょう

か?

 

本当にサーフィンが上手くなりたいの

ですか??

 

変なプライドが上達を妨げていること

に気づいてください!!

 

本当に上達したければ人に教わるプラ

イドなんかいらないのではないでしょ

うか??

 

このように訴えかけています。

 

皆様と楽しみながら上達に導ければと

おもっておりますので、「限界」を感

じた方はとりあえずご相談ください。


お待ちしております・・・