上半身のひねりのスピードを上げる

今日は春のような暖かい天気ですね。。。

 

そろそろ花粉の季節となりそうです。

前回のブログの続きとなります。

 

 

両肩をでんでん太鼓のように素早く

回すためには、普段から身体を進行

方向へ向いている姿勢を取らなけれ

ば上手くいかないという内容でした

 

 

 

この内容を踏まえて、今日はその応

用編としてミックのひねり方を勉強

していきましょう。

 

 

 

まずは、軸足ジャンプの瞬間の体

勢となります↑↑

 

 

ボトムからレールを入れて波のトッ

プへ踏み切った瞬間には、体をひね

りながら首を反転させていきます。

 

 

ここが身体を素早くひねる為の秘訣

!!!

 

 

 

 

この首の使い方はアゴを左肩につけ

る意識が重要です。

 

 

 

まずは、軸足ジャンプの瞬間にアゴ

を左肩に付ける意識から!!

 

 

ここをしっかりと練習しましょう。

 

上の写真では↑↑

めっちゃ首が曲がってますよね??

 

この首を曲げることで波のトップ8

分目から、両手を広げる合図となり

ます。

 

 

 

ここが難しいので、普段から身体を

正面に向けて波に乗るクセをつけて

いないことには上手くできません。

 

 

 

しっかりと意識付けてください。

 

そして、波のトップ↑↑

 

軸足で板を押さえ込んでいる為に

一瞬の静止状態を作れます。

 

 

 

このポイントで身体の軸をスープ側

へ倒し込むことで、前足が伸びてい

きます。

 

 

ここは、この間のリッピングのブロ

グと同じ内容となりますね。

 

 

 

この体勢をとれたならば、あとはボ

ードを後足首でねじり込むように回

転をかければ板は反対側へと向いて

いきます。

 

 

 

最後の締めは、バックサイドの上が

り方と同じように左肩を真上に伸ば

すことでスープへと板が引っ張られ

ていきますので、ここも復習してく

ださいね。

 

 

 

 

 

そして、また。。。

 

身体を正面に向けて次へのスピード

をつけていく形を取ります。

 

 

 

 

 

 

この動きの一連をもう一度簡単にま

とめますと。

 

 

 

ボトムで軸足ジャンプをした時に、

アゴを左肩につけるように意識する

ことで首を回転させることができま

す。

 

 

首が回転すると、両肩も回しやすく

なるので、連動させるように!!

 

 

 

 

首をひねるということは、行きたい

方向を「見る」というのが本質のた

め、身体の軸も真っすぐになり、結

果的に波のトップで軸足で板を押さ

え込める形を作れるということです

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと、難しい文章になってしま

いましたが上手く伝われば嬉しいで

す。

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張って首を使った練習をしていき

ましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


サーフレボリューション

コンテンツ:3

スラッシュバック

身体をひねる為にはボードの押さえ方がきちんとできていないと上手くいきません・・・

 

 

 

そこができて初めて静止状態を作れ、体を反転できる練習をしていきます。

 

 

 

 


陸トレで動きを作り上げてから、室内スケボー

で反復練習。さらに強化バンドで身体に負荷をかけていきます。

 

 

 

このようにまずは陸トレから始めることが、

実践での成功率を高めていけます。

 

サーフレボリューションへ足を運んでくださいませ!!