サーフィンの力の入れ方Q&A

サーフィン技術を上げる為にはフォームが重要と言っていますが、そのお話しです!

続き→

まず、上の写真をじっくりみてみま

しょう↑↑

 

下からいきますよ!!

 

足くびを折るようにヒザを付けるよ

うにボードを押さえ込みます。

 

前の手を前方に伸ばし、後ろの手を

引くような形を取ることで肩は波の

正面を向き、結果、へそも正面。

 

つまり腰を回転させることで波を見

やすくなります。

 

 

これが波に乗る為のニュートラル姿

勢。

 

 

つまり!!

正しい立ち方となります。。。

 

 

これを踏まえて読んでみてください。

 

 

 


大事なボードをクラッシュしてしま

い、修理に持ってきてくれたA様か

らのご質問です!!

 

とある、プロサーファーのブログを

んでいたら、サーフィンは力を抜

いてリラックスして乗らなければい

けない!!

 

 

そう書いてあったそうで、どうすれば

力を抜けるのでしょうか??

 

 

 


今日はこのご質問にお答えします★

前回のロブ・マチャド含め、WCT

手はどんな波でも軽く波に乗っ

ているように見えます。

 

軽く乗って見えるのは、力の加減

調整できているからです。

まさに無駄の力を使わずにリラッ

クスした乗り方に見えます。

 

では、一般の方が実際に力を抜い

サーフィンしてみるとどうなる

のでしょうか。

 

多分、ヒザが曲がらずに棒立ち

になって、スピードが出ないで

失速。または、技をかけるとい

うよりも、成り行きまかせのラ

イディングになってしまうので

はないでしょうか?

 

 

 

 

では、では、なぜ棒立ちになって

まうのでしょうか??

今日はここを掘り下げてみたいと

もいます。


中級者の方が波に乗っているのを、

見ていると「必死感」が漂ってい

す。


「必死感とは」力任せにボードを

ントロールしようとする動きか

ら、ニジミ出てしまう動きです。


この力任せに波に乗ることが、無

な動きを作ってしまいます。


そこで!まずはじめにやることは、

正しいボードの押さえ方をマスタ

しなければいけないということ

です。


それを覚えてしまうと、自然に力

配分も覚えてしまうことでしょ

う。

上の写真は簡単に乗って遊んでいます

が、ボードの押さえ方、ひざの使い方

ができるからこそ、そう見えるもので

す。


一般サーファーの方も、これくらいな

らできると、お思いでしょうが、この

ヒザの折りたたみ方はかなり熟練して

いなければ、そう簡単にできるもので

はありません。


レディースチャンピオンの

「ステファ二ーギルモア」です。




このブログでは、常に基本が大事と言

っていますが、この技をやるためには

これをやらなければいけない。


また、これをできないのであれば、こ

れをやらなければいけない。


そのように突き詰めた動きの最終段階

で「絶対に必要なこと」が、


まずは、軸足の親指に力を入れてみる

こと!! どんな時も・・・


ここから始まっていることを理解して

ください。


力を抜く練習をしたい方は、試してみ

てくださいね。