カットバックのライン②

カットバックを練習する際に、ライン取りのイメトレから始めることも重要だと思います。続き→

ストイックコースの方に、自分がイ

メージするカットバックを陸でやっ

てみてください!!

 

 

と、言って実際にやってもらうと、

90%の方がトップからのアプロー

チの形をやってくれます。

 

上の写真のように・・・

 

 

しかし、実際に海でやってもらうと、

陸でやってくれた形とはぜんぜん違

う形になってしまいます。

 

 

これはなぜでしょうか??

 

 

それは

 

 

 

カットバックの形をトップに上がっ

た時のピンポイントでイメージし

ているだけなので、実際に海では

タイミングしだいでできたり、でき

なかったりしてしまいます。

 

 

 

 

 

みなさんもそういう経験があると思

います。

 

そこで、全体のライン取りのイメー

ジが必要になってきます!!

 

 

 

 

 

 

 


カットバックは下からが大事

 

 

カットバック講座でも、ボトムにいる

点で、カットバックをやることを決

めていないとダメですよ!!

 

と書いてありますが、もう少し突き

ていきたいと思います。




上の写真の時点で、先のフェイスが

丸くなっていることをすでに読んで

いなければいけません。

 

 

このポイントが抜けていると、トッ

プからのアプローチになってしまい

ます。

 

 

そして、ボトムからトップに上がる

間での上半身の動きですべて決まり

ます。

 

 

ここを重点てきに練習すると格段の

速さで上達していきます。

 

 

 

 

 

上の連写ではボトムに降りる前から、

カットバックする動きを、ずーと見

て下さい(笑) 

 

何か感じられますか??

 

これが、手前からの準備という表現

です!!

 

 

 

技を練習したいのなら、その技を仕

掛ける、一歩手間の事を練習するの

が一番手っ取り早いんです。

 

 

 

 

 

今日はカットバックのライン取りの

イメトレについて書いてみました!!

 

 

少しでも参考になれば嬉しいですね。

 

 

台風スウェル満喫してください。